フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月21日 (火)

【皆既日食】日食前日は針仕事!

Img_5983s

Img_5980s Img_5979s

いよいよ明日に迫った皆既日食!

訪れたこの上海の街も、皆既日食を迎える雰囲気が高まっています。

天気予報はあまり良くないのですが、

私はギリギリまでベストを尽くします!今夜は針仕事!(笑)

部分日食はピンホールカメラで見ることが出来ますが、このピンホールをいっぱい並べると、三日月の形をした太陽もまた並んで見えることになります。

ということで今日も工作! 文字の形になるまで、いくつもいくつも画鋲で紙に穴をあけます。日食記念の写真として、よく見るタイプです。

でも実際作ってみると、なかなか手間がかかるのが分かりました。うまく画鋲がまっすぐ抜けなくて、穴の形がゆがんでしまったこともありました。集中力が必要で、刺繍みたいなものでしょうか。それともドット絵コンテスト!?

明日はなんとか晴れますように!

【皆既日食】手作り!部分日食観測支援グッズ

皆既日食のみならず、部分日食も「楽に」「面白く」観察出来るように、
廃品を利用してグッズを作ってみました!

【1.部分日食 直視用 顔面カバー】

日食メガネが市販されていますが、紙の部分の面積が非常に小さいため、部分日食時に目は保護されるものの、顔面は日焼け状態になってしまいます。
そこで作ったのが「顔面カバー」です。
カバーの外側から、日食グラスを押し当てて使います。
ちょっと怪しいおじさん、いやお兄さんになってしまいますが・・・・。

Img_2628s Img_2659s  Img_2655s

【2.部分日食 間接視用 ピンホールカメラ その1】

ピンホールカメラの原理は、皆さんご存知ですね。
細長いダンボール箱を利用して、片側は数cm角の穴をあけ、そこに銀紙を貼り付け、更にピンでピンホールを作ります。
もう片側は、箱の一部を持ち上げて45度くらいに傾け、そこに白い紙を取り付けます。
箱の側面には、のぞき穴を作っておきます。
これで立派なピンホールカメラの完成です!

Img_2652s Img_2651s

【3.部分日食 間接視用 ピンホールカメラ その2】

反射式のピンホールカメラです。ダンボール箱の1面を切り取って、反対側の内面に白い紙を貼り付けただけです。ここで鏡のピンホールを使って、このダンボールをスクリーンとして利用します。
普通の四角い鏡で太陽の光を反射させると、スクリーンには四角い太陽が映ります。しかし小さな穴を開けた紙を鏡にかぶせると、これはピンホールとして作用するので、スクリーンには太陽像が現れます。
でももしかしたら、穴の大きさ=太陽の大きさになっているだけかもしれません。
穴の大きさをどの程度にすれば、ピンホールになるかは、当日試行錯誤してみます。

Img_2640s Img_2641s Img_2642s

【4.部分日食 撮影用 カメラカバー】

ファインダーを見るのも、液晶モニターを見るのも、周りから強い日差しが入ると見にくいものです。簡単な日よけを作ってみました。隣に双眼鏡を配置するので、小型のものにしてみました。

Img_2646s

これで準備は万全!日食を楽しみましょう!

2009年7月19日 (日)

【皆既日食】上海天文台に到着!

Img_2610s Img_2587s

いやー、黒い太陽を追っかけて、やってきました 中国 上海!

宿泊の拠点は、友人が働いている 上海天文台 にお邪魔させていただいています。

上海市内の敷地に、19階建てのオフィスのビルと、それを囲むように林立する官舎&学生宿舎があります。皆既日食本番以外は、こちらでゆっくりさせていただいてます。

上海天文台の中も、皆既日食を迎える雰囲気になっています!。

雲は多いものの、太陽が顔を見せている上海の青空もあって、期待は高まります!

ところで今回のメイン機材は、到着したその日のうちに、友人のいきつけの焼酎バーに飾っていただくことになりました~(^^)

Img_2584s

2009年7月18日 (土)

【皆既日食】いざ上海へ!

【皆既日食】いざ上海へ!
2009年7月18日(土) 旅立ち

朝09時00分、腕時計を日本標準時に合わせ直す。

妻子に見送ってもらい、いざ上海へ。
8日間の旅、発進!

駅のエレベータで乗り合わせたおばあちゃん、「どこかお出かけですか?」と話しかけてくれた。

「皆既日食を見に行くんです。このあたりでも木漏れ日を見ると、大きく欠けた姿が分かりますよ。」
と返事が出来た。出だしは好調だ。

ようやく少しずつ、旅に出たことを実感してきた(^^)

2009年7月 5日 (日)

【皆既日食】上海遠征用機材の準備

もうわずか2週間後には、皆既日食を見るために、上海へ遠征する私!

ようやく重い腰を上げて、本日は機材を組み上げて試運転してみました。

Img_2574s_2  Img_2575s

コンセプトは、「三脚は一つにして、観望用の双眼鏡と、写真用の一眼レフを同架」です。

人口密度の高い上海を考慮して、手狭に、でも効率良く眼視と写真を楽しめるように。

手持ちの金具やネジをうまく利用して、なんとかこの初めてのシステムを組み上げました。

日食直前になんとか形になったものの、ダメだったらどうしてたんだろう・・・・(^^;

同架するためのプレートは、タカハシの「カメラ三脚 取付用 双眼鏡固定金具」が、

なかなかうまく活用出来ました。

ビクセンの「微動雲台」を間に入れているので、カメラ三脚を極軸に向けることで、

簡易的な手動赤道儀になっています。

・・・・しかーし、一番メインの機材は上記ではなく・・・・

「皆既日食の見える屋久島&種子島の酒蔵による、焼酎6本セット」

(なんと2009セット限定品)であります(笑)。私は量は飲めませんが(^^;

Img_5858s_2  Img_5860s

2009年7月 4日 (土)

【観望会】「プチ」公園デビュー

Ts380273s

梅雨の合間。今夜は、久々に晴れた週末♪

うちの子 ふたりを連れて、望遠鏡をかついで、近所の公園に月を見に行きました。

公園に望遠鏡を出すのは、今夜が初めて。 「公園デビュー」です(笑)

 ( 注 : 通常の「公園デビュー」という言葉の意味は、こちら

おぼろ月ではあるものの、3人で月面を堪能しました!

そしてもうお一方。通りがかったお客さん。

某放送局で、テレビカメラを回してらっしゃるとのこと。ご趣味もビデオカメラだそうです!

ちょっとでも見てもらえて、良かった良かった。

もうすぐ25年目になる、我が家の ミザール 8cmフローライト FA-80は、

相変わらずの素晴らしい鋭像!

ただ、架台を「カメラ三脚+微動雲台」で済ませているので、

70倍ではすぐに視野から逃げてしまうし、風にも弱い・・・・

本格公園デビューの際は、やはり25年目になる赤道儀 AR-1 を出すかな・・・・♪

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »