フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

【見学】三鷹の国立天文台 NAOJ

1月30日、久々に国立天文台の三鷹キャンパスを訪れました。

「相模原 星を観る会」のメンバーとともに、「団体での見学利用」という形です。

土曜日の休日なのに、国立天文台の案内役の方が、ガイドして下さいました。

感謝感謝です。

この方がまたスゴイ!

「すばる」JNLTや「ひので」SOLAR-Bなど、数々の名観測装置を手がけられた方です!

現役は引退されたものの、今は天文台の古い貴重な機材を発掘・整理されている、

天文情報センター アーカイブ室にいらっしゃいます。

猛烈に、もう何でも知ってる、何でも覚えてる、話が止まらないガイドさんです!

私が以前三鷹を訪れたのは、もう結構前になってしまいました。

最初は高校生の頃かな・・・・。口径65cmの大屈折望遠鏡で、月を見せてもらった、

いや・・・・雲に隠れて見えなかったかな・・・・とにかく長い行列の中にいたのを

覚えています。秋の一般公開は、三鷹の森が紅葉して、とてもいい雰囲気です。

その後は社会人になってから。当時天文学者のたまごだった、「すか」さんが

三鷹で研究していたのをいいことに、結構内部まで入っていたような・・・・(笑)

Img_7088s Img_7094s

で、今回。

なんともう65cm屈折望遠鏡は、古くなりすぎて、動かしていないそうです。残念。

でもガイドさんのおかげで、様々な望遠鏡(ほとんどはもう使われていませんが)を

見せていただくことが出来ました。

高校生や社会人になりたての頃では、知らなかった望遠鏡もありました(嬉)。

高校生の頃から印象に残っているのは、65cm屈折と、いくつかある中で最大の

子午環(しごかん)の2つです。どちらも望遠鏡は稼動していないものの、

中は展示室として有効に使われています。子午環のドームの中に入ったのは

今回が初めてです!

Img_7102s

子午環っていうのは、多くの天体の位置を、精密に測定する装置です。

でも今では、1989年にESAが打ち上げたヒッパルコス衛星によって、

その仕事が奪われてしまいました。ヒッパルコスの測定は強力なのです。

いま私が彗星の位置測定を勉強しているのも、ヒッパルコス衛星からのデータを

基準として、夜空を動く彗星の位置を算出しています。

なんか、高校生の頃に見上げた子午環と、いまパソコンの中にあるヒッパルコスの

データがつながった気がして、なんか感慨深いものがありました。

また三鷹で、いい思い出が出来ました。

2010年1月25日 (月)

【彗星】118Pシューメーカー・レビー彗星ほか

1月24日(日)の夜は、自宅から写真撮影を行いました。

彗星

 118Pシューメーカー・レビー彗星 (写っているか微妙)

小惑星

 712 ボリビアーナ
 770 バリ
 423 ディオティマ

星雲

 M42 オリオン大星雲
 M1  かに星雲

最近は、カメラの感度をISO 1600から、ISO 800に落として撮影してみています。

・ISO 1600だとノイズが多いこと
・ISO 800であっても、30秒露出ではバックグラウンドが真っ黒にはならないこと
 (つまりそれだけ光害が激しい・・・・)

というのが理由です。

しかしまぁ、撮ったは撮ったで、後処理や測定が必要で、楽しいけれど
時間が無くて苦しいところです。

ところで最近は、観望会で人に見せたり、上記のように写真撮影をしたりしていて、
自分の目でゆっくり星雲・星団めぐりをやっていないなぁとも思いました。

たまには愛車R34スカイラインで、また富士山にでも行きたいと思いました。(^^)

2010年1月24日 (日)

【観望会】ゲリラ観望会:くぬぎ台小学校横にて

昨日書いた通り、大きな観望会も良いのですが、

コンパクトな観望会もやってみようということで、

いきなり本日、予告無しにやっちゃいました! 通称:ゲリラ観望会 (笑)

相模原市立 くぬぎ台小学校の横にて、夕方16時30分から15分間ほど。

実は毎週日曜は、サッカークラブの練習がされているのです。

練習直後、その子たちに見せてみようというわけです。うちの子たちもいます。

80mmフローライト屈折鏡筒 + 自由雲台 + カメラ三脚 という

微動装置も無い超手抜きな機材ですが、鋭像は変わらずです。(^^)

日没前なので白っぽい月なのですが、観察するには十分。

周囲が明るいので、怖いことも無いですしね。

子供たち10数人と、その保護者、そしてサッカーの監督が、

興味深く見てくれました。

これからも観望会のありかたを模索します~。

2010年1月23日 (土)

【観望会】東林公民館主催の星空観察会は大成功

1月16日(土)は、いよいよ待ち焦がれた、地元東林間での星空観望会でした!

ドキドキしながら自転車を飛ばし、公民館に18時過ぎに到着~。もちろん快晴!

もうその時は、主催する公民館の方々も、講師として招かれた相模原市立博物館の先生も、どんどん準備を進めていらっしゃいました。あちゃ~、もっと早く来れば良かった。準備の方々の多さにもビックリです。皆さんかなり気合が入っています。

今夜の流れは、以下の通り。

 19:00 開始。公民館のホールで、先生による「望遠鏡と星の話」

 19:30 隣接の東林小学校 校庭に移動して、まずは肉眼で星座の観察。
       その後、2台の望遠鏡と1台の双眼鏡を使い、
       火星、オリオン大星雲、すばる、冬の一等星の色 の観察。

 20:30 終了

Img_3336e
天文学を学び(専攻は摂動)、小学校教師を経験され、今は相模原市立博物館にお勤めの先生のお話は、さすがに興味深く面白いです。

星の色と温度の関係を説明されるなど、私の観望会に生かしたいネタがいっぱいでした。星座早見板の使い方の説明もありました。

ただ、小学校1年生から中学校1年生まで(プラス保護者)の参加者全員に分かるように説明するのは、やはり難しいなぁと改めて感じました。

Img_3340e

私の出番は後半、2台のうち1台の望遠鏡の操作。博物館のペンタックス製105mm屈折望遠鏡です。素晴らしい憧れの機材!

これを火星に向けると、相変わらず小さいながらも、オレンジの円盤像がよく見えます。表面の模様も分かります。すぐに参加者の長蛇の列が出来ました。寒いのに皆さん熱心で、嬉しかったです。

感想も様々。「火星の写真ではなく、自分の目で見ることが出来て嬉しい」というのが多かったです。その次に見て頂いたオリオン大星雲でも同じでした。オリオン大星雲も、相模原の空にしてはかなり良く見えていました。私もいろいろ説明し、また質問をいっぱい受け、ずっとしゃべりっぱなし(笑) 楽しい時間を過ごせました。

とにかく、なかなか質の高い観望会でありました! お手伝いが出来て良かったです。

ただ、こういったスタイルの観望会は、どうしても規模が大きくなるので、1ヶ所では年に1度くらいの開催となります。個人的には、事前説明は省いて規模を小さくし、毎月やるくらいを目指したいです。イメージは、小学生のサッカーチームのコーチみたいな感じです。うまく回るまでは、なかなかハードルが高いとは思いますが。

なお博物館の先生は、巨大な相模原市の各公民館から依頼を受けるので、お忙しいそうです。それに毎回ついていく、って作戦もありですが(笑)

私なりの観望会開催スタイルは、ゆっくりゆっくり作っていきたいと思っています。

【書籍】天文ガイド、スカイウォッチャー、星ナビ

Photo
正月に実家の倉庫をあさったら、昔の天文雑誌がいっぱい出てきました〜

1996年から2000年くらいのモノです。天文ガイドは相変わらず発行されていますが、
ちょうど、スカイウォッチャーが終わり、代わって星ナビが登場した頃です。

もう10年も前の古雑誌ではありますが、天文資料としての価値はまだまだ十分あると思います。

ただ残念ながら、我が家にはこれを保管するスペースが無いです・・・・

頑張ってスペースを作り出すのか、はたまた古雑誌として捨てるのか・・・・悩みどころです(^^;)

2010年1月 7日 (木)

【観望会】東林公民館主催の星空観察会にデビュー予定

相模原市 東林公民館主催 「冬の星空観望会」が、

2010年1月16日(土)に東林小学校校庭で開催されます。

このアシスタント役に、私の出演(笑)が決定しました。

実は、1年前にも立候補したのです。個人ボランティアとして。

その時は、公民館側からは「是非とも手伝って下さい」との回答でした。

しかし、既に「相模原 星を観る会」からスタッフが赴くことが決まっていて、

結局私は、参加することが出来ませんでした。

それから1年、「相模原 星を観る会」に仲間入りさせていただき、

観望会も数回経験し、今回の機会をいただく事になりました。

1年越しの願いが叶い、なかなか、感慨深いものがあります(^^)

当日は晴れますように・・・・

2010年1月 1日 (金)

【星見】謹賀新年 2010年

大晦日の夜、年が変わる瞬間は、毎年オリオンたちを見上げています。

今年の相模原は快晴、澄みきった夜空。

もう数時間後に部分月食を迎える月は、当然満月。それが天頂に輝いています。

放射状に夜空に広がる、月からのあかりは、皆既日食のコロナのように、

またプラネタリウムの投影前の天頂のようにも見えます。

美しい冬の大三角形も、オリオン大星雲も、キラキラ輝いています。

そして今年も、この正月の夜空に、カノープスも見ることが出来ました。

今年もいい年になりそうな予感です。

あまりにキレイな夜空だったので、今年の初撮影をしてみました!

Img_6852

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »