フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【書籍】天文ガイド、スカイウォッチャー、星ナビ | トップページ | 【観望会】ゲリラ観望会:くぬぎ台小学校横にて »

2010年1月23日 (土)

【観望会】東林公民館主催の星空観察会は大成功

1月16日(土)は、いよいよ待ち焦がれた、地元東林間での星空観望会でした!

ドキドキしながら自転車を飛ばし、公民館に18時過ぎに到着~。もちろん快晴!

もうその時は、主催する公民館の方々も、講師として招かれた相模原市立博物館の先生も、どんどん準備を進めていらっしゃいました。あちゃ~、もっと早く来れば良かった。準備の方々の多さにもビックリです。皆さんかなり気合が入っています。

今夜の流れは、以下の通り。

 19:00 開始。公民館のホールで、先生による「望遠鏡と星の話」

 19:30 隣接の東林小学校 校庭に移動して、まずは肉眼で星座の観察。
       その後、2台の望遠鏡と1台の双眼鏡を使い、
       火星、オリオン大星雲、すばる、冬の一等星の色 の観察。

 20:30 終了

Img_3336e
天文学を学び(専攻は摂動)、小学校教師を経験され、今は相模原市立博物館にお勤めの先生のお話は、さすがに興味深く面白いです。

星の色と温度の関係を説明されるなど、私の観望会に生かしたいネタがいっぱいでした。星座早見板の使い方の説明もありました。

ただ、小学校1年生から中学校1年生まで(プラス保護者)の参加者全員に分かるように説明するのは、やはり難しいなぁと改めて感じました。

Img_3340e

私の出番は後半、2台のうち1台の望遠鏡の操作。博物館のペンタックス製105mm屈折望遠鏡です。素晴らしい憧れの機材!

これを火星に向けると、相変わらず小さいながらも、オレンジの円盤像がよく見えます。表面の模様も分かります。すぐに参加者の長蛇の列が出来ました。寒いのに皆さん熱心で、嬉しかったです。

感想も様々。「火星の写真ではなく、自分の目で見ることが出来て嬉しい」というのが多かったです。その次に見て頂いたオリオン大星雲でも同じでした。オリオン大星雲も、相模原の空にしてはかなり良く見えていました。私もいろいろ説明し、また質問をいっぱい受け、ずっとしゃべりっぱなし(笑) 楽しい時間を過ごせました。

とにかく、なかなか質の高い観望会でありました! お手伝いが出来て良かったです。

ただ、こういったスタイルの観望会は、どうしても規模が大きくなるので、1ヶ所では年に1度くらいの開催となります。個人的には、事前説明は省いて規模を小さくし、毎月やるくらいを目指したいです。イメージは、小学生のサッカーチームのコーチみたいな感じです。うまく回るまでは、なかなかハードルが高いとは思いますが。

なお博物館の先生は、巨大な相模原市の各公民館から依頼を受けるので、お忙しいそうです。それに毎回ついていく、って作戦もありですが(笑)

私なりの観望会開催スタイルは、ゆっくりゆっくり作っていきたいと思っています。

« 【書籍】天文ガイド、スカイウォッチャー、星ナビ | トップページ | 【観望会】ゲリラ観望会:くぬぎ台小学校横にて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174117/33099695

この記事へのトラックバック一覧です: 【観望会】東林公民館主催の星空観察会は大成功:

« 【書籍】天文ガイド、スカイウォッチャー、星ナビ | トップページ | 【観望会】ゲリラ観望会:くぬぎ台小学校横にて »