フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月25日 (日)

【観望会】「月と星々を見る小さな小さな観察会」第1回完了!

いろいろな方のおかげで、個人主催で観望会をやることが出来ました。

皆さまありがとうございました。

初日の7/24(土)は、金星、月(ほぼ満月)、土星、夏の大三角を、

20人以上の方々に楽しんでいただくことが出来ました。

第一号のお客様は、息子の親友のYさまご一家でした。

雲は若干あったものの、なんと言っても月の美しさ、半月状の金星、

そして串団子みたいな輪の傾いた土星を見ることが出来ました。

天気がかなり怪しい7/25(日)も決行はしまして、

昇ってきたばかりの満月を、これも楽しみました。

前日のYさん姉弟お2人さんが、また来て下さって、ほんの一瞬、月を見ていただけました。

そうそう、今夜はようやく、うちの我が子2人も参加しました(^^;

でもその後は、予想通り雨がぱらついてきたので、撤収となりました。

望遠鏡は、20数年前の、ミザールFA-80フローライト屈折 + AR-1赤道儀

でありますが、きっちりモータードライブも駆動してくれるし、

観望会ではとても活躍してくれました。多少組み立てに時間がかかるものの、

改めて素晴らしい、良く出来た望遠鏡だと再認識出来ました。

写真はちょっと撮ったので、また明日以降UPしますね。

【観望会】7/25の観察会開催します

やや雲が多いですが、昨日同様、開催します!
今日は19時過ぎからが見やすいと思います!

2010年7月24日 (土)

【観望会】7/24開催します「月と星々を見る小さな小さな観察会」

多少薄雲がありますが、十分晴天なので、今夜は予定通り開催します。

お時間があれば、ぶらっとお越し下さい!

【観望会】「月と星々を見る小さな小さな観察会」第1回

Kanboukai001

本日(7/24)と明日(7/25)は、標記の観望会を実施予定です。

自宅のあるマンション内の掲示板に、ポスターを貼らせていただきました。

主にマンション内の子供さんたちを対象にしたイベントです。

でもマンション外の方々ともお誘いあわせの上、来ていただければ幸いです。

本日に関しては、天候はなんとか大丈夫そうですね。

多少の薄雲があっても、望遠鏡を使うと月のクレーターも、土星の輪も、

しっかり見えると思います。

主に金星や土星を見たい方は、開始時刻の18時30分過ぎに来て下さい。

日没前なので、明るくて安全です。

月や織姫星・彦星を見たい方は、終了時刻の20時の少し前がお薦めです。

今までいろんな観望会のサポートは数多くしてきましたが、

私個人が主催するのは初めてとなる観望会です。頑張ります!

2010年7月23日 (金)

【観望会】相模原市立 上鶴間小学校での星空観望会

今日は会社を早めに出て、相模原市立 上鶴間小学校の観望会に行ってきました。

主催は学校。支援が相模原市立博物館で、星を観る会のVegaさんと私はそのお手伝い。

なにせ我が家のすぐ近くですからね、是非お手伝いしたかったのです。

昨年は8月25日にデビューイヤーになるはずでしたが、雨で中止だったのです。

今年は見事に晴れて、小学4年生の皆さんと、その保護者さん+兄弟姉妹が集まり、

もう100人は軽く超える人々で校庭がうまりました!

私はまた博物館の、ペンタックス105mm屈折赤道儀を操作し、

月や金星を皆さんに見てもらいました。 子供も大人も、もう感嘆の嵐!!!

満月ちょい前を中倍率で見る月は、欠け際のクレーター群も、北の山々も、海のうねりも、

ホントにため息が出るほど美しいですね。

400年前は「月は神様が作ったキズ一つ無い水晶の玉」といわれていたのに、

それにガリレオが望遠鏡を向けたら凸凹だらけ。子供たちもガリレオの気分かな?

そして今回特に感じたのは、先生方の「やる気」と、子供たちの「好奇心」。

車の両輪のようにうまくかみ合って、ホントいい学校だなと思いました。

いい夜になりました。博物館のU先生他みなさま、ありがとうございました。

2010年7月22日 (木)

【皆既日食】あれから1年

忘れもしない、7月22日。

時間の流れは早く、あの感動の(見れなかったけど)皆既日食から1年になりました。

もうNHKの生中継番組は、HDDレコーダーから消そうかな。

感動の思い出は、自分なりのものが、しっかり刻まれていますからね~(^^)

ブログ(旅立ち)

http://zanac.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-7f07.html

ダイジェストムービー

http://www.zc.em-net.ne.jp/~zanac/

2010年7月17日 (土)

【星見】会社帰りに見たISS

Iss(画像出典:JAXA HP)

昨夜のことです。

ISS(国際宇宙ステーション)がこれから見えるよ!と

相模原星を観る会のトマピさんがメールで教えてくださったのは、

会社を出た直後でした。

会社近くの公園で待つことしばし。

西の空に輝く五日月と金星のあたりから、

いつの間にか「ふっ」と現れた、ちとオレンジ色の光点がありました。

0等星くらいの明るさです!

ISSはゆっくりゆっくり飛んで、数分間、南の空に低くなるまで見え続けました。

意外にも、ISSをちゃんと目で見たのは初めてかもです。

かなり嬉しい!見つけ方はこちらからどうぞ。

20cmシュミカセで、いつの日か拡大撮影をしてみたいっっ!と思いました。

2010年7月15日 (木)

【星見】梅雨の合間の美しい夜空

30s

今日は晴れた上に風が強くて、夏にしてはめずらしく星々が綺麗な夜空です。

会社の帰り道には、三日月と金星が並んで輝いていました!

輝くって言ってもハンパじゃないですよ!両方ともギラギラ輝いていました(^^;

観望会を是非開催したくなりました。

家に帰って写真でも撮りたいところでしたが、残念ながら帰宅時には

低空の雲の中に沈んでしまいました。

しかし、今日は全天がどっ晴れ!

普段は光害で良く見えないさそり座やいて座も、キラキラ輝いています!

天の川までみえているように思えるほどです。

ということで、エイやとお手軽固定撮影+比較明の画像処理をしたのが

今日の写真です。8秒露出×30枚コンポジット=4分の合計露出時間となります。

さそり や いて を見ると、もう夏どまんなかだなぁ~と感じます。(^^)

2010年7月11日 (日)

【皆既日食】あれから1年、イースター島では晴れるのか!?

参議院選挙、サッカーのワールドカップ決勝戦とぶつかってしまい、

かなり影の薄い今回の皆既日食・・・・・。

昨年2009年7月22日の皆既日食は、私(@上海)を含め、国内でも悪天候に悩まされた

人々が多かったと思います。

「次のイースター島は、旅費がすんごく高くても行くぞ!」と逆襲に出る方々が

多いはずで、また天文熱が盛り上がってはいると思うのですが・・・・・。

さすがに私はイースター島には行けませんが、せめて明日(7/12)朝のTVニュースの

トップで見れればなぁ。トップはおろか、3番目に出れるかなぁ・・・・。

期待出来なさそうです。(*_*)

ネット中継は、いつものLIVE! ECLIPSの皆様がやっていただけるようです。

でも私は起きられないです(^^;

http://www.live-eclipse.org/

【星見】こと座のダブルダブルスター★★★★

昨夜は相模原星を観る会の皆さんと、星空の観望をしました。

梅雨時なのに、今夜だけはなんとか雲の間から星々が見えて、とてもラッキーでした。

大勢集まって、ワイワイガヤガヤ楽しむことが出来ました。

今夜ちゃんと見えたのは、こと座のε星、通称「ダブルダブルスター」です!

双眼鏡や、望遠鏡の低倍率では、2重星に見えます。

しかし倍率を上げていくと、2重星の各々が連星になっているのが分かり、

合計4つの星が見えるのです。

今夜持ち込んだのは、中学時代から使っている、ミザールの口径8cmフローライト屈折。

150倍をかけると、おお、見えます見えます!!

ほんとにちょっとの離角ですが、2つ星と2つ星が分かります!!

(下の図よりも、もっと離角が無い感じです)

古い望遠鏡ですが、シャープなイメージは相変わらずで、安心しました(^^)

E W_2

画像出展:アストロアーツ社製 ステラナビゲータver.8

2010年7月 4日 (日)

【彗星】C/2009 R1 マックノート彗星の写真

12maicomp

先日のマックノート彗星の写真を、ようやくちょっとだけ画像処理してみました。

20cmF10シュミットカセグレン+デジカメ(ISO 800)による、

15秒露出×12枚露出=3分露出相当の写真です。

画像処理してみると、特徴的だった彗星の緑色が消えてしまいました。

尾は北西(画面右上)に、かすかに見えるような気がします。

もう少しやり方を変えて、緑色と尾が出るよう、再度画像処理をしてみたいと思います!

それにしてもステライメージver.6は、処理速度が一段と早くなって、大変に使いやすいです。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »