フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月26日 (土)

【機材】赤緯軸のガタ

ミードLX200-20、ちゃんと直したつもりだったのですが、
極軸合わせの時に発見しました。組み直しが甘かった。
赤緯軸にガタがあったんです。

クランプを締めても、鏡筒が南北にカタカタ動くのです。
原因は、ウォームねじがしっかりと、ウォームホイールに当たっていないためでした。
赤経軸にはコイルスプリングが付いていて、ちゃんと当たるようになっているのです。
何故赤緯軸には無いのでしょう???

米国の天文ショップからの「分解方法指示」にも、「赤経のバネは、保管しておくように」
と書かれているのに、赤緯については記載がありません。
そもそも分解時にも、無かったはずです。

今日のところは、エアパッキン(ぷちぷち)をバネ代わりに要所に詰めて、
代役としました。今までどうやってガタ無く動いていたのだか・・・・
分かる方、教えて下さい・・・・
今度ホームセンターで、適当なバネを買ってこようかなというところです。

2011年2月21日 (月)

【機材】とうとうミードLX200が直りました!

Img_5494s

いやいや、いろいろありましたが、結局5万円ほどで電子部品は修理され、
無事に我が家に帰国しました。
我がMeade LX200 良くぞ帰ってきてくれた~(^^)

そして早速、組み付け作業。バラシ方を知っているので、再組付けは簡単です。
立派に元通りになりました。

Img_5495s

微妙にいろいろ、細かいところがバージョンアップされていました。
コントローラーも、微妙にver.3.2から、3.21へ変更(笑)

Img_5496s

今夜は早速極軸合わせ。北極星が見えない我がベランダ天文台では、
これがまた一苦労なのですが、まぁ1時間くらいで大まかには合いました。
これからまた、彗星観測に精進します!

【観望会】相模原市立中央公民館主催の観望会

Img_5454s

観望会が立て続けになっていますが、2月19日(土)は、相模原市立中央公民館主催
の観望会でした。「相模原星を観る会」が観望や解説を担当します。
しかーし、当日はメタメタの曇り。曇天プログラムです。

星を観る会の皆様より、また私にチャンスをいただきました。
冬の大三角形の解説を担当いたしました。

星だけ印刷した紙に、どこに三角形とオリオン座があるか、
小学生の皆さんに探してもらいました。
あとは、星の色=温度の話、星座が88個ある話、今夜の月や木星の様子など、
いろいろ話せました。ただ、「衛星」なんて小学校低学年では分からない言葉を
使ってしまったり、なかなか反省点も多かったです。

本物のプラネタリウムで、良い解説をしてくれる方々は、ホントスゴイですね~。

Img_5457s

【観望会】月と星々を見る小さな小さな観察会 #5 結果

Img_5426e

私が主催した観望会#5、結果は大成功でした!
これまでの観望会の中で、一番晴れた夜だと思います。
初めて来ていただいたご家族も2組あり、とても興味を持って下さいました。
良かった良かった。パチパチ。

Img_5440s

2011年2月13日 (日)

【観望会】本日開催!月と星々を見る小さな小さな観察会 #5

この3連休、一昨日も雪、昨日も雪でしたが、狙ったように観望会の本日は快晴!

本日は無事、観望会を開催します(^^)

18時~19時30分の間、いつでも入退場自由ですから、お気軽にお越し下さい。

今夜のメニューは、大迫力の月面と、木星+ガリレオ衛星、そしてすばるです!

【観望会】東林公民館主催の星空観察会のアンケート結果

東林公民館の観望会では、参加してくれた小学生にアンケートを書いてもらいました。その結果を、早速東林公民館からいただきました。お手伝いだけの私にも送付いただき、大変ありがとうございます。

回答は小学1年生~6年生の合計22人。私も考え付かないような、いろんな感想がいっぱいありました。例えば・・・・

【印象に残ったこと、はじめて発見したこと】
・小惑星探査機「はやぶさ」のこと。
・場所によって見える星の数がかわること。
・星座が88個もあること。
・星座がいっぱいあると思ったけど、88個しかないこと。
・オリオン座があんな形とは思わなかった。
・木星の縞模様がすごかった。/木星がでかかった。
  /ガリレオ衛星をはじめて見た。/木星の縞模様が変わったこと。
・星の温度によって色が変わること
・人工衛星から夜の地球を見たら、日本では夜に電気をハンパなくつけていること。
・むずかしくて分からなかった(一年生)

【星を見た感想】
・楽しかったです。また見たいです。
・すごくキラキラしてきれいだった。
・学校で教えてくれないことを知ったからよかった。
・いろいろ光っている星の明るさが近くでも違った。
・すばるの星の数を120個と聞いたとき、すごいと思いました。
・もう少し田舎で見たい。

などなど・・・・。学年が違うこともあってか、ホントいろいろな感想ですね。
本日の私の地元の観望会、そして来週の中央公民館での観望会でも
これに応えて準備します!!

2011年2月 6日 (日)

【観望会】予告:月と星々を見る小さな小さな観察会 #5

Image2
第5回目となる、私個人主催の観望会です!。

3連休の最終日、2月13日(日)の設定にしました。

・月面に無数にあるクレーター
・木星の縞模様と、4大衛星
・すばるの輝き
・冬の星座の紹介

と、見どころがいっぱいです。
私の住んでいるマンションの方、そしてお近くの方は、
入退場自由ですので、お気軽にお越し下さい!

【観望会】東林公民館主催の星空観察会 2回目!

Torin
2/5(土)は、地元、東林間地区の東林公民館が主催する、「冬の星空観察会」
ありました。
今年も講師(相模原市博物館の先生)の補助として、主催者側で出席しました。

18時には主催者側は集合したのですが、空全体が薄雲で、星ひとつ見えません(;_;)
19時から本番開催なので、やきもきしていたのですが・・・・

なんと19時になると、空一面が晴れ渡りました!素晴らしい(^^)/
昨年の観察会と同様、私は望遠鏡担当です。
PENTAXの口径105mm屈折望遠鏡で木星を見てもらいつつ、
双眼鏡では北極星やすばるを見てもらいました。

木星は1本になっていた縞模様も2本に戻り、ガリレオ衛星も4つ全て見えました。
また北極星やすばるについては、目では見えにくい星々がハッキリ見えました。
参加された皆さん(30名の小中学生+保護者さん)は、興味深く観察して
いただけました。双眼鏡の力に驚いた方も多かったです。良かった良かった。

また来年も参加させていただきたいです。
東林公民館の皆さま、そして相模原市博物館の皆さま、ありがとうございました。

2011年2月 2日 (水)

【宇宙開発】JAXAの先生による「はやぶさ」講演会

最近はミードの話ばかりでしたが、所属している「相模原 星を観る会」の行事も楽しんでいます。

2011年1月23日(日)には、活動拠点の相模原市中央公民館にて、JAXAの並木道義先生による

豪州における「はやぶさ」の回収 の話題です。まさに「はやぶさ」を回収に行った方なので、迫力はすごかった!感動をありがとうございました。

S1

S2

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »