フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 【機材】とうとうミードLX200が直りました! | トップページ | 【機材】復活したミードLX200-20でのファーストライト »

2011年2月26日 (土)

【機材】赤緯軸のガタ

ミードLX200-20、ちゃんと直したつもりだったのですが、
極軸合わせの時に発見しました。組み直しが甘かった。
赤緯軸にガタがあったんです。

クランプを締めても、鏡筒が南北にカタカタ動くのです。
原因は、ウォームねじがしっかりと、ウォームホイールに当たっていないためでした。
赤経軸にはコイルスプリングが付いていて、ちゃんと当たるようになっているのです。
何故赤緯軸には無いのでしょう???

米国の天文ショップからの「分解方法指示」にも、「赤経のバネは、保管しておくように」
と書かれているのに、赤緯については記載がありません。
そもそも分解時にも、無かったはずです。

今日のところは、エアパッキン(ぷちぷち)をバネ代わりに要所に詰めて、
代役としました。今までどうやってガタ無く動いていたのだか・・・・
分かる方、教えて下さい・・・・
今度ホームセンターで、適当なバネを買ってこようかなというところです。

« 【機材】とうとうミードLX200が直りました! | トップページ | 【機材】復活したミードLX200-20でのファーストライト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174117/39029631

この記事へのトラックバック一覧です: 【機材】赤緯軸のガタ:

« 【機材】とうとうミードLX200が直りました! | トップページ | 【機材】復活したミードLX200-20でのファーストライト »