フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 【機材】やはり露光時間が全然足りない | トップページ | 【機材】露光時間を変えてみると・・・・ »

2011年4月13日 (水)

【機材】EOS Utilityを天体写真に活用

EOS Utilityとは、Canonの一眼レフカメラを、パソコンと接続することが出来るソフトです。
カメラを買うと付属しているのですが、いままであまり使う機会がありませんでした。

それは、
 ・露出30秒までなら、カメラ本体のシャッタースピード調整で出来る
 ・カメラの液晶モニターでも、撮影後の画像を拡大して、ピント合わせに活用出来る
というような、カメラ本体側の機能で間に合っていたからです。

しかし、Amemaさんのお薦めにより、数年ぶりにソフトを起動してみました。
するとEOS kiss Digital Nから、EOS kiss X3に本体が変わったこともあって・・・・

1.タイマー撮影機能
   30秒露出では露出不足ということが分かったので、それ以上の露出をかける
   のと、コンポジット用に複数枚撮るには、以下の機能が活用出来ることを
   改めて確認しました。高価なリモートタイマーを買う必要がありません。
Photo_2

2.拡大機能
   ライブビューにおいても、ノートパソコンの大画面を使い、かつ無理な姿勢を
   とらずに、ゆったりとピント合わせをすることが出来ます。ピント出し精度も
   改善されるでしょう。
Photo_3

3.内臓時計をPC時計と同期させる機能
   細かい点ですが、彗星観測にはとても重要な機能です!
   今回初めて発見しました(^^;
   フリーソフトでPCの内部時計を正確に保てば、自動的にデジカメの内部時計
   がぴったり合います。1秒以内の精度を求める彗星観測には必携です。
Photo_4

てなわけで、EOS Utilityを普段から使っておくと、いろいろメリットがあります。
我が家のThinkPad X61とセットで、ベランダ天文台で活用したいと思います。
Amemaさん、ありがとうございました!

« 【機材】やはり露光時間が全然足りない | トップページ | 【機材】露光時間を変えてみると・・・・ »

コメント

ざなっくさん、EOS Utilityを使われたのですね。これ、便利ですよね。また、内臓時計をPC時計と同期させる機能というのがあるのですか。これは知らなかったです。またPCはThinkPad X61を使われているのですね。私はX60です。ThinkPadについてはオフで会うことができたら、面白い話しますよ。

Amemaさん、いつもコメントいただき、ありがとうございます。
カメラに加え、ThinkPadも同じとは、趣味が合いますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174117/39591748

この記事へのトラックバック一覧です: 【機材】EOS Utilityを天体写真に活用:

« 【機材】やはり露光時間が全然足りない | トップページ | 【機材】露光時間を変えてみると・・・・ »