フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

【星見】新潟 巻町での天文夏合宿

Sh3i0058

今年の夏も、毎年恒例、大学時代から続く星仲間たちとの夏合宿をしてきました。

気が付くと、もう今年で21回目になってしまいました。長いものです。
今年は現役生が3人も来てくれまして、これはとても嬉しいのですが、
「ずいぶん歳をとったものだ」と改めて感じました。(^^;

今年はあいにくの天候で、夜は星空を見ることが出来ませんでした。
でも夜は夜で、バーベキューをしながらのいろんな会話が弾みました!

Sh3i0069

昼は恒例の海にも行きましたが、今年初めて「新潟県立自然科学館」に
行ってみました。

ここは科学の世界をとても分かりやすく展示している博物館で、
どれも興味深く、楽しむことが出来ました。

プラネタリウムも、いい星像といい解説が合わさって、とても満足しました!

お昼に食べたのは「宇宙の果てまで行ってCurry」でした(笑)

これで今年の夏も無事終了です~。

Sh3i0075

Sh3i0077 

2011年8月18日 (木)

【彗星】C/2009P1 ガラッド彗星の撮像結果

C2009p1darksumi10maicolorss

あまりうまく処理出来ませんでしたが、取り急ぎ先日撮った写真をUpdateします。
中央で一番明るく輝いている、拡散状天体がガラッド彗星です。
(トリミングしています)

口径20cm、F6.3(見込み)、ISO 12800、露光時間10秒×10枚=100秒、
ダークフレーム・フラットフレーム処理済みです

やはり光害に加えて、満月に近い月あかりの中の撮影では、
彗星の色までは再現出来ずでした。
でもまぁ、レデューサーの効果を概ね確認出来たと思います。
良かった良かった。

ただ、トリミング無しの下の写真では、画像の4隅が暗くなっています。
ちゃんとフラットフレーム処理が出来ていないようです。
ちょっと調べてみます。また、Amemaさんから教わった方法で、
フラットフレームを撮る実験もやってみたいです!

C2009p1darksumi10maicolors

2011年8月14日 (日)

【彗星】C/2009P1 ガラッド彗星を初めて撮影!

Img_6391up

今夜はやっと久々に、【彗星】カテゴリーの記事を書きます!

今夜はちょうど満月で、撮影中は若干薄曇りという悪条件ではありました。
でも、レデューサーをつけたMeade LX200-20で、ファーストライトの「月」に続き、
初観測となるのはこの彗星でした。

C/2009P1 ガラッド彗星 予報光度7.8等 や座

上の画像は、中心部分のトリミングです。中央にある恒星のすぐ右側に、
コマが広がる彗星が見えます。下の写真は、トリミング無しのものです。

Img_6391all

まだ画像は、ダーク&フラット補正をしておらず、コンポジットもしていません。
明日以降、画像処理を進めます。

しかし露出時間はなんと10秒/1コマ。感度は最高のISO 12800相当。
これで最適露出が出来ました。
下の画像がヒストグラムです。狙っていたグラフに出来ました。

Img_6390his

Canon EOS Kiss X3と、Meadeのレデューサーを購入して、
やっと思っていた撮影スタイルが出来てきた感じがします!

2011年8月13日 (土)

【天体写真】レデューサーをつけてのファーストライト

Img_6363s

もうだいぶ前に購入したのに、ようやく試写することが出来ました。
Meade LX200-20 にレデューサーをつけてのファーストライトは、
やはり月面でした(^^)

もちろん、焦点距離短縮による、画角の増大がありまして、
 レデューサー無し : 月が、カメラの画角の「長辺」いっぱいに写る
 レデューサー有り : 月が、カメラの画角の「短辺」いっぱいに写る(上記写真)
と、広がっています。

これで直焦点写真が、だいぶ楽になるでしょう。
これからバシバシ撮りたいです。

ちなみに早速、フラットフレームの撮影もしました。
私は、フードの先にシーリングライトの廃材をつけて、
夕方の天頂の空を撮っています。
宝くじが当たって、機材が口径40cmになっても大丈夫です。(笑)

Img_6332s_3

2011年8月 9日 (火)

【観望会】観望会に天文宇宙検定を!

「天文宇宙検定」っていう試験が、この秋に初めて開催されます。

http://www.astro-test.org/

なかなか興味深く思っています。なぜなら、観望会で星空の話をするにあたり、
「ホントに最新の情報を、正しく伝えているか?」というのに、ちょっと自信が
無いからです。

小学校の頃から星を見ていますが、中にはその頃の「古い記憶」だけで
語ってしまっていることもあると思います。
また、最近は彗星や撮影など、偏った星の楽しみ方をしている可能性もあります。

真新しいテキストが発行されるので、それを改めて読んで、最新の知識を
確かめるというのは、なかなか良い機会だと思います。

代表は、天文ガイドで大好きな連載「宇宙からの視点」を執筆されている、
総合研究大学院大学理事・教授 池内 了先生であるのも、ちと嬉しいところです。

まずは2級、受かるかな!?申込締切は9月7日です。
よろしければ、皆さん一緒に行きませんか?
楽しみにしていますっっ!!(^^)

【宇宙開発】JAXA相模原キャンパス特別公開 行ってきました

Sh3i0039_2

今夜は、久々にブログを書くゆとりが出来ました。

相模原の夜空には、これも久々に星空が広がっています!
半月過ぎの大きな月があり、水蒸気も多いので明るい空ですが、晴れています。
さそり座のδ星も、相変わらず明るく増光しているのを、確認しました。

さて、本題のJAXA特別公開、7/29に行ってきました!ちゃんと家族全員で。(^^)
子どもたちとママが理解してくれて、ありがたいです。
よって、今回はじっくり見るのをあきらめ、家族で楽しめる内容に絞りました。

平日の開館直後に行ったのに、もうお客さんでいっぱいです。
でもまず先に「スタンプラリー」を全部制覇したら、35番目(長男)と36番目(次男)
という意外に若いナンバーをGet。「中学生以下 先着2000人に景品プレゼント」
ということだったので、ちょっと急ぎすぎでした。(笑)

でもなんと36番目は、小惑星イトカワの標識「1998SF36」の「36」にちなんで、
特別賞をもらいました。トップ画像の、「小惑星探査機はやぶさDVD」と
「がんばろう日本 ステッカー」です。次男、でかした!(^^)

あとは、ショップで「はやぶさ」グッズを買ったり(ここでなんと親友Ganに遭遇!)、
食堂でお昼を食べたり、無理なくキャンパスを楽しみました。
難しい展示物は、やはり家族には苦手のようです。
ただ、モノを急速冷凍させる実験や、電波暗室、ロボットの動き(下の写真)などは
それなりに楽しめたようです。

その後は、相模原市博物館へ移動し、全天周映画「HAYABUSA」帰還版を
楽しみました。ようやくこれで、「はやぶさ」が何を実現したのか、
家族に理解してもらえました・・・・。今更ですが、まぁ良かった良かった。

博物館では、U先生や、日大文理のSさん、そしてなんと私と同じ天文サークルの
T木U京くんの「奥様&お子様たち」とも出会えました。
T木U京くん本人は、他のプラネタリウムでお仕事中でした。

そんな感じで、いろいろ楽しめた一日でした!。DVDも内容良かった!JAXAに感謝。

Img_5358s

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »