フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 【天体写真】久々のオリオン大星雲、到来(続) | トップページ | 【観望会】第6回月と星々を見る 小さな小さな観察会 »

2011年9月21日 (水)

【機材】またベランダ天文台、水没

Typh15
(画像出典 : Yahoo JAPAN)

今度の台風15号は、あまりに強すぎる台風でした。

日本という「温帯」でも945hPaまで成長するなど、とても信じられないです。
日本付近でも、海水温が高くなっているのでしょうか?

今日は会社を15時過ぎに出て帰路へ。
電車は既に止まっているので、同僚のクルマに乗せてもらっての帰路でしたが、
途中、トラックが横転していたり、樹木が根こそぎ倒れていたりと、大変な光景でした。

そして我がベランダ天文台も・・・・
①最も外側の、テントのタープはずり落ちていて、
②重要な内側のビニール袋は、2枚とも破れていて、
③最後の砦のダンボール箱は、雨に濡れて崩れていました。

ということで、LX200-20は鏡筒も赤道儀もずぶ濡れでした。あちゃー。

今度は私がずぶ濡れになりながら、なんとか防水構造を作りましたが・・・・

何故か台風はあっという間に過ぎ去り、今は台風一過の晴れ間が見えます。
これからしばらく、天然乾燥させ、次回恐る恐る電源を入れることになります。
ちゃんと再起動してくれることを祈るだけです。

しかし風の力はものすごかったです。防水構造を作り直す際もとても恐かった・・・・
もう一度、ベランダ天文台の構造を考え直してみる機会なのかもしれません。

« 【天体写真】久々のオリオン大星雲、到来(続) | トップページ | 【観望会】第6回月と星々を見る 小さな小さな観察会 »

コメント

ざなっくさん、

大変でしたね。無事再起動できることをお祈りします。
でも、暴風雨のなかベランダで作業されたとき、
けがなどなかったですか。

私のところのポリバケツドーム(?)はあの風の中
とばされずに頑張ってくれて、赤道儀は守られていました。
地下一階に掘り下げられたところにテラスコートがあるので、
それほどの風にならず、植木が一個倒れて鉢が割れたくらいで
すみました。

Amemaさん、ありがとうございます。

まだ恐くて、望遠鏡を再起動しておりません。昨日・今日と天日干ししています。
コアとなっていたダンボールの「鎧(よろい)」が崩れてしまったので、
ビニール袋と、テントのタープのみの防水構造です。頼りないです・・・・

Amemaさんのような、「ポリバケツドーム」を考えております。
それも、蓋付きのポリバケツで、中にシリカゲルを入れられるような・・・・

ただ我が家は、眺めが良い分、風のあたる力は大きいので、
構造を十分検討する必要があります。
一番風に対して丈夫なのは、今の状態ですので。難しいですね。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174117/41892657

この記事へのトラックバック一覧です: 【機材】またベランダ天文台、水没:

« 【天体写真】久々のオリオン大星雲、到来(続) | トップページ | 【観望会】第6回月と星々を見る 小さな小さな観察会 »