フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 【観望会】「月と星々を見る観察会」は成功! | トップページ | 【天体写真】オリオン大星雲の画像処理再び »

2012年2月19日 (日)

【天体写真】久々のオリオン大星雲

S

天候と休日の折り合いがついて、およそ1ヶ月ぶりにベランダ天文台が稼動しました!

この期間は長かった~。星空の美しい大好きな冬、でも忙しくて向き合えない寂しさに、やきもきしました。。。。

やはり冬と言えばオリオン大星雲!
この晴天ならば撮るっきゃないでしょとばかりに、かねてからやりたかった「段階露光撮影」をやってみました。今回は・・・・

2秒露光 × 8枚
4秒露光 × 6枚
8秒露光 × 9枚
15秒露光 × 5枚
30秒露光 × 3枚

というように、露光時間を変えながら多数撮って、あとで「加算」で画像処理したものです。
・・・・といっても、今回は軽く画像処理をしただけ。
まだ別に15秒露光が40枚ほど撮ってあるので、それも後日加算します。
画像処理の仕方も、もっともっとやることはあるはずなので、まだまだ後日楽しめます。

Meade LX200-20 with F6.3レデューサー (焦点距離1260mm)
Canon EOS Kiss X3、ISO感度12800、カメラ内ダーク減算

今回、レデューサー有り、感度最大、露光時間最長30秒ということで、
どんな明るさのヒストグラムになっているかというと、下図参照下さい。
14bit RAW=16383段階あるうち、バックグラウンドの夜空の黒が30~40%の
位置にあるので、まずまず十分な露光が出来ていると考えています。

つまり、相変わらず私は
 ・どうせ夜空が明るいなら、露光時間は短くて良い。
 ・短時間露光で、ノータッチガイドに徹する。
 ・よって、ガイド鏡やオートガイド装置は使わない。(買えないとも言うが・・・・)
 ・多数撮影して、あとでコンポジットする。ガイドエラーのコマは使わない。
という作戦で、今後も天体写真を進めてみます。
どこまで通じるモノだか不安ですが・・・・。光害カットフィルターくらい買っても
良さそうですが、そうすると露光時間を延ばす必要があるので、
今のシステムではダメですね。まぁもう少し、このスタイルで頑張ってみます(^^)

オリオン大星雲を仕上げたら、次はどんどん彗星撮っていきます!

Photo

« 【観望会】「月と星々を見る観察会」は成功! | トップページ | 【天体写真】オリオン大星雲の画像処理再び »

コメント

ざなっくさん、こんばんは。

オリオン大星雲、いろいろと試しながら撮影されていますね。
ISO感度が高くできるので、短時間露光で撮影できるんですね。
この星雲は形、色、濃淡、それぞれが綺麗ですね。
残りの画像もコンポジットされたら、また見せてください。

私も昨夜につづいて今夜も撮影しています。

雑誌や図鑑でしか観れなかったこんな写真を友人が撮影してると思うと感動もひとしお!
すごいな~

Amemaさん、こんばんは。

そうですね、オリオン大星雲を、いろいろ考えて
いい絵にならないか模索しているという状況です。
どんな望遠鏡で撮っても、絵になる被写体です。
ところで、AmemaさんはRAW画像をステライメージで読み込むとき、
ベイヤー配列で読んでいますか?それともカラー(現像無し)でしょうか?
今回は手抜きで、カラー(現像あり)で開いています。

ma5a5h1さん、ブログ訪問ありがとうです。

オリオン座の大星雲は、北半球では一番明るい星雲なので、
どんな機材で撮ってもそれなりに写るのです。(^^;
でもま、その中でも努力すると、その分キレイに写ります!

やっぱり写真って、それなりにも写るけど、ホント奥は深いよね~!(^^)

ざなっくさん、こんばんは。

私は、RAW画像をステライメージで読み込むときは、ベイヤー配列で読み込んでいます。
ここで、ダーク補正とフラット補正、そしてホット/クールピクセル除去まで行ってから、
ベイヤー・RGB変換でカラーにしています。

ステライメージの公式ガイドブックによると、フラット補正とホット/クールピクセル除去は、
ベイヤー配列で読み込まないと適切に行われないとありましたので、余り考えずに
そのとおり行っています(笑)。

点状のノイズが多いときは、補正がしっかりとされるベイヤー配列の方が
よいそうで、そうでない場合は、カラー(現像なし)でも差はないと説明がされていました。

Amemaさん、教えていただきありがとうございます。

やはり手間をかけて、王道の丁寧な画像処理をされているから、
見事な天体写真になるのですね。

私ももう一度最初から、オリオン大星雲の画像処理をやってみます!
どうなることやら、楽しみです。(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174117/44184733

この記事へのトラックバック一覧です: 【天体写真】久々のオリオン大星雲:

« 【観望会】「月と星々を見る観察会」は成功! | トップページ | 【天体写真】オリオン大星雲の画像処理再び »