フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

【天体写真】アストロソーラーフィルターによる太陽像

Taiyou2

ということで、昨日に続き、今日も金環日食の準備=テスト撮影をしました。
薄雲越しであったものの、まずまずの「白い」太陽像が得られました。
(赤く見えるのかと思っていましたが、すごく優秀なフィルターですね。)
大型の黒点が2個、両端に淡く写っています!

下はNASAの写真です。
私の画像は上が北になっていませんので、NASAの写真通りでは
ありませんが、両端の黒点が大きいのが分かりますね。Mdi_sunspots_1024

さて新しく買った、このバーダープラネタリウム製アストロソーラーフィルター、
思っていたよりもすごく薄い、アルミ箔状のものでした。
でもベースはビニールなのか、弾力があってくしゃくしゃにはなりません。

はさみで切って、望遠レンズに取り付けました。Dsc_0055

これが我がベランダ天文台での、撮影風景です。
今日はホントに時間が無かったので、望遠レンズのフードに
直接セロハンテープでとめています。
紙製の「枠」を自作して、それを望遠レンズや望遠鏡にかぶせる
のが、本来の使い方です。
それにしても、金環日食の前に良いフィルターを手に入れることが
出来てなによりです。(^^)

Dsc_0054

でもやはり300mmの望遠レンズでは、太陽像はあまり拡大出来ません。
本番では、やはり望遠鏡に取り付けようかな・・・・
撮影&観察システムを検討中です!

【天体写真】金環日食の準備の準備

Taiyou1

今日は久々に、太陽が雲間から顔をだしました~!

金環日食の予行演習ということで、まずは超カンタンに、太陽観察しました。

まずは肉眼で、日食フィルターを通して太陽を見てみます。
だいぶ赤く色付けされた像ですが、太陽を安全にくっきり見ることが出来ました。

次に、そのまま目と日食フィルターの間に、300mm望遠レンズをつけた
デジタル一眼レフカメラを入れてパチリと撮ったのが上の画像です。
日食フィルターの説明書に記載された通り、にじんだ太陽像となりました。
これではやはり、本番の時は役立ちませんね。

そこで今日の夕方は、望遠鏡専門店に立ち寄り、バーダープラネタリウム社
(ドイツ)製の太陽観測フィルターを購入してきました!

明日またテストしてみます!!(^^)

2012年4月22日 (日)

【書籍】金環日食まで1ヶ月を切りました!!

S16

5月21日(月)は、いよいよ金環日食ですね!

太陽の手前を、やや小さく見える月が通過することで、
最終的には太陽が環状に見えて、金のリングが出来上がるのです♪

東京を始め、静岡、名古屋、京都、大阪、高知、鹿児島など、人口の多いところ
で見ることが出来るこの金環日食、とても珍しいものです。

東京では
 ・午前6時19分 : 欠け始め (部分日食の始まり)
 ・午前7時32分 : 金環の始め
 ・午前7時34分 : 金環の中心時刻
 ・午前7時37分 : 金環の終わり
 ・午前9時02分 : 欠け終わり (部分日食の終わり)
ということで、時間は早朝、ハイライトはわずか5分間というシナリオです。ドキドキ。

太陽はとてもまぶしく、目に有害なので、直接肉眼で見てはいけません。
今回はいわゆるコロナが見える「皆既日食」とは異なります。
ハイライトの金環状態でも、常に太陽が直接見えるので、減光が必要です。

最近はトップ画像のような、金環日食を解説し、減光用の「日食グラス」が
付属している雑誌やムックが、いっぱい書店で売られています。
「日食グラス」は、通常のサングラスなどと異なり、目に有害な紫外線や赤外線を
透過しない仕組みになっています。下の画像が、その日食グラスの例です。

皆さん、是非このような「日食グラス」を入手して、日食を安全に楽しんで下さい!

S17

さて当日、なんと地元相模原市の小学校では、日食グラスが全校生徒に
配布されることになりました! さすが「宇宙に近い相模原」!!
朝7時までに登校して、親子で日食を見ることが出来るとのことです。
嬉しい配慮ですね。

さて私は、当日観望会でもやろうと思っていたのですが・・・・
私も小学校に行くので、ちょっと社会貢献の仕方を工夫せねばなりません。
いま作戦を練っているところです。(^^)

2012年4月15日 (日)

【ブログ】AmemaさんとOFF会しました!

Dsc_0008

久々のブログ更新です~。

先週は我がブログにいつもお越しいただいているAmemaさんと、初めてOFF会を
しました!いやはや、ブログなんぞ3年くらい書いていて、初めてのことです。
感動モノですね♪

今回は相模原に来ていただけることになったので、「宇宙に近い相模原」を
アピールすべく、プランをたてました。

最初は、相模大野駅の駅ビルのレストランで食事からスタート。
Amemaさんは想像していた通りの、実直な方でした!
いろいろと天文や機材など教えていただくことばかりで、最初から恐縮です。(^^)

その後はうちのスカイラインで移動しまして、上の写真の、相模原市立博物館へ
ご案内しました。プラネタリウムを見ていただきました。
プラネの後半では、今度の5月21日に見える金環日食の説明がありました。
プラネの大きなドームで実演してもらえたので、いいシミュレーションになりました。

プラネの後は、カフェコーナーでお互いのThinkPad(ノートパソコン)を並べ、
画像処理をこれまたいろいろと教えていただきました。
ちゃんとご自分の画像処理スタイルをエクセルにまとめていらっしゃいました!
「あぁ、こういうところから違うんだなぁ」とつくづく考えさせられました・・・・

Dsc_0009
時間も押し迫った中でしたが、相模原といえば是非JAXAキャンパスも一目見て
いただきたく、ご案内しました。ロケットと一緒に、桜が満開でキレイでした。

Dsc_0011

Amemaさんは相模原が初めてとのことで、JAXAも喜んでいただけたようです。
でも私も、実物大の「はやぶさ」の展示が、実はテストまでした本物だったことや、
ターゲットマーカーをストロボ無しと有りで写すとこんなに違うことは知らず、
短かったですが勉強になる日でした。

Dsc_0012ストロボ無し

Dsc_0013ストロボ有り

お手玉みたいな球状のターゲットマーカーが、全面が光るのは驚きですね。

そしてまだまだいくらでも話が尽きない中でしたが、夕方になったので解散
となりました。いやはや、ホントに楽しく濃い一日でした。

OFF会、いいですね~。人の輪が広がるってのは、人生の醍醐味ですね!なんて♪

2012年4月 3日 (火)

【機材】強風と大雨で、またもベランダ天文台崩壊

Tenkizu

またやってしまいました。。。。。
我が家のベランダ天文台「Meade LX200-20」、またも雨ざらしになってしまいました。
本日19時過ぎ、春の嵐にやられました。。。。。

我が家では望遠鏡をベランダに設置し、大きなビニール袋2枚をかけ、
更にテントのタープで全体をくるみ、それらをフック付きのゴムひも2本で
固定しています。
今回、強風でタープとビニール袋がずり落ち、望遠鏡や赤道儀が雨ざらしに
なってしまいました。

昨年の台風の時も同じことが起きたのですが、あ~ぁ、もう何回目!?

ちょうど寒冷前線が通過した時なのでしょう、風速も速く、風向きも変わって
きたときにやられてしまいました。

でもきっと大丈夫! 明日以降、しばらく天日干しすれば望遠鏡も赤道儀も
また無傷で済むでしょう。電源を入れる瞬間はドキドキしますが。。。。。(^_^;)

(※ 天気図はgoo天気から引用)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »