フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 【星見】新潟であおぎ見る、火星と、夫婦星 | トップページ | 【観望会】第10回 月と星々を見る観察会 楽しめました♪ »

2014年5月 7日 (水)

【天体写真】初の月面の拡大撮影(RegiStax6処理)

Mvi_3750

以下の組み合わせとしては自身初となる、月面の拡大撮影が出来ました。
(今夜はスペックだけ掲載します)

・望遠鏡 : Meade LX200-20(20cm F10)+プローセル17mmアイピース
・カメラ : Canon EOS Kiss X3(動画撮影モード、9秒間露光)
・NOTE PC : Lenovo ThinkPad X61(ソフト:Canon EOS Utility)
・画像処理 : RegiStax6にてスタッキング&ウェーブレット処理

今後この手法に慣れて、土星の輪が写るようにしたいです。

« 【星見】新潟であおぎ見る、火星と、夫婦星 | トップページ | 【観望会】第10回 月と星々を見る観察会 楽しめました♪ »

コメント

ざなっくさん、こんにちは!
動画からの画像処理ですか。月面の立体感がでていますね。
私はウェーブレット処理ではいつもいい感じがでず、悩みながらすすめています。
なにか勘所ありますか。

Amemaさん、こんにちは!

コメントありがとうございます!
ただ諧調飛びとかあって、まだまだ考察の余地がいっぱいあります(^^;
ウェーブレット処理は、以下HP(画像)の値をなるべくそのまま使っています。

つまり、レイヤーは2、3、4しか使わないという感じです。
私ももっと研究してみます!

http://blogs.yahoo.co.jp/s_yonex/GALLERY/show_image_v2.html?id=http%3A%2F%2Fblogs.c.yimg.jp%2Fres%2Fblog-31-91%2Fs_yonex%2Ffolder%2F135355%2F64%2F60807464%2Fimg_7%3F1307787428&i=1

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174117/56105025

この記事へのトラックバック一覧です: 【天体写真】初の月面の拡大撮影(RegiStax6処理):

« 【星見】新潟であおぎ見る、火星と、夫婦星 | トップページ | 【観望会】第10回 月と星々を見る観察会 楽しめました♪ »