フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 【機材】我が家に静かで速いPavilionがやってきた♪ | トップページ | 【彗星】チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星がやってくる! »

2015年3月23日 (月)

【機材】次なるカメラを選ぶ楽しみ!?♪

今日は天文じゃないのですが、一般写真を真面目に撮る日でした。

「弘法筆を選ばず」とは言うものの、今日は愛機 Canon EOS kiss X3 と、EFレンズと、8GBのSDカードに、ちょっと困った日でありました。

・天文じゃないので「あとから画像処理でノイズを消す」ってわけにもいかないので、常用感度域のISO 3200までしか怖くて上げられない。
 (拡張感度は、12800までありますが・・・・)

・もってるEFレンズが悲しくて、明るくてもF3.5とかF4.0だから、どうしても室内撮影では手振れにかなり慎重になって撮るしかない。テレ側も使いたくない。

・屋外撮影になっても、十分な背景のボケ効果が得られない。(被写体に近づいたんですけど)

・ちょっと(15分ほど)動画を撮ったものなら、4GB超のファイルサイズになってしまう。

・するとJPEG高画質モードで通常撮影をするにしても、撮影可能枚数がうんと制限されてしまう。

仕方ないので、最後はスマホ(Xperia)のカメラで写真や動画を撮ったものの、もちろん比べものになるはずもなく・・・・。なんか散々悩まされた日でした。

2010年11月にいまのEOS kiss X3を中古購入して、それまでのEOS kiss Digital Nとは格段の性能差を見せつけられまして、気に入ってはいたのですが・・・・。

やっぱり写真って、「その場所に行って、その瞬間しか撮れないもの」だから、思っているように出来ない道具だと、困ってしまいます。

やはり新しいEOSシリーズと、明るいレンズ、そして大容量カードが欲しいです。もちろんパソコンじゃないので、カメラは中古で良いのです。

慌てず、ゆっくり選んでみようかなと思います!(もしかしたら、フルサイズ機にしちゃうかも(笑))

※余談ですが、今日はその撮った写真を、DVD-Rにして他の方々にプレゼントしました。
 (写真の出来はお恥ずかしいこと、この上ないのですが、まぁチャンスはこれしかないので仕方ないです。)
 新型マシンのPavilionが、ガンガンDVD-Rを焼いてくれました。
 やっぱり道具というか、相棒は大事ですね。

※さらに余談ですが、そのPavilion、今まで使ってきたHDDなども大事にUSB接続して使っているので、いまではドライブがC, D, E, F, G, H, I, J ,K まであります(笑)

« 【機材】我が家に静かで速いPavilionがやってきた♪ | トップページ | 【彗星】チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星がやってくる! »

コメント

ざなっくさん、こんばんは!
おおおお、カメラ選定ですか?
あれこれと考えているときも楽しいですね。
レンズはズームで良いのがいろいろあるので、いろいろと選べますよ。散財しますけど(笑)。
私もワイドズームが欲しいですが、先立つものがありません(笑)。
いいレンズと出会えれば良いですね。

はじめまして。
同じLX200使いの者です。

「電源を入れたら、赤経モータがフルスピードで回り出す。」
の件で、原因ではないかと思われる場所があります。

管理人さんが投稿した記事の中で、
「LX200の赤経のUNFキャップスクリューを締めた」として
Upされていた中に写っている小さな基板から、モータユニット
へ配線が伸びていますが、その線こそが、モータの回転を
検出するエンコーダとモータの配線になります。

そして、ちいさな基板に可変抵抗(青いブロック状)が2つあり、
そこでアナログレベルの信号を整形してデジタルのパルス信号
に変換している回路になりますが、経年劣化により可変抵抗
の接触がどちらか、或いは両方が接触不良を起こして
抵抗値が極端に大きくなっていて、アナログレベルの信号
をデジタルの「1」のレベルに飽和させており、LX200のマイコン
がモータが回っていないと思って、出力を最大に上げている
可能性があります。
本来は、「10101010」と来ると、パルスが4個来るので
正常となりますが、「111111110111」ときたら
デジタルパルス信号的には1個しか来ない
ので、モータが回っていないと判断して
モータの出力を上げるフィードバック制御が
正常に働いている証拠なのです。

オーディオをされたことがあれば、分かると思いますが、
古いアンプは、ボリュームつまみを上げたり、下げたりした時
途中で、バリバリって大きな音が発生した経験がお有りだと
思うのですが、それが可変抵抗を使っているため、接触不良が
起こっている現象です。

最近、リモコンの普及と、劣化による接触不良をなくすため
電子ボリュームと言う半導体回路が使われており
この手の接触不良は皆無になりました。

話が横道に逸れましたが、改善の方法として、
可変抵抗の指し示す方向がありますが、その方向を
写真で撮影しておいて、元に戻すときの基準にする証拠を
保存します。(2個共)

その後、取り付けたままでは可変抵抗の調整部
(白くて+の切れ込み)が回せないので、小さなキャップスクリューを
外して、基板を外します。
調整部に精密トライバーのプラス(00サイズ)
を入れて最小-最大に数回(5~6回程度)を2個とも回転させて
その後、証拠写真の角度までそれぞれ精密に戻します。

接触不良なら、これである程度は安定(改善)すると思います。

回路図を見ると、どちらかがGAIN(増幅)で、残りがOFFSET(基準)
の様なので、改善しなければ、片方を少し下げる(左側へ少し回転)
させるなどして、通電状態で追尾速度が安定する場所を探りしましょう。

わたしも、実は現在LX200のサイズ違いで3台持ち合わせており
1台が同じ症状でしたので、オシロスコープで波形を観ながら
調整して治りました。

後は、LX200のお約束ですが、電源用のタンタル電解コンデンサの
ショート故障です。

部品の大きさの制約が出てきますが、私はOS-CONと言う個体
コンデンサをLX200基板と、コントローラそれぞれ2個を
入れ替えて使っています。

きちんとコンデンサの容量計算をしていないのか、部品の共通化で
コスト削減なのか、どれをとっても6.8uF。

電源用としては、絶対足らないだろうと言う低容量なので、
35V22uFに容量アップして、改善しました。

お役にたてればと思い、投稿させていただきました。

長文、乱文失礼しました。

K様、初めまして。ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
そして詳しいご教示、ありがとうございました。
返信が大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

おかげさまでようやく本日になって昼間の時間が確保出来たので、赤経の青い可変抵抗2つを、多少回してみることが出来ました。
ただ、状況は変わらずでした。
コンデンサの方は、チェックしきれていないのですが、初期品に対しては変更してあります。(アメリカの望遠鏡ショップで一度修理交換していただきました。)

長い間、LX200-20は使っていない状態なのですが、それでも光学系はまずまずで、赤道儀も電気的故障があるとはいえ物理的には動きます。
なので、今後チャンスがあれば、LX200-20の組み合わせではなく、鏡筒は大型赤道儀に載せかえたり、赤道儀は別で使ったり、三脚は更に別の赤道儀用に使うなど、いろいろ考えたいと思います。

ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174117/59381045

この記事へのトラックバック一覧です: 【機材】次なるカメラを選ぶ楽しみ!?♪:

« 【機材】我が家に静かで速いPavilionがやってきた♪ | トップページ | 【彗星】チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星がやってくる! »