フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 【天体写真】冬の宮ヶ瀬の後の、画像処理(ふたご座の散開星団M35) | トップページ | 【プラネタリウム】世田谷区立教育センタープラネタリウムに再び »

2016年2月28日 (日)

【天体写真】写真との付き合い方の模索を悩む今日この頃・・・・

Img_0369es

天文ブログですが、今日はちょっとだけ雰囲気が違います。

天体写真がある程度は撮れるようになってきて、最近思うのは、写真という趣味との付き合い方です。

というか、人生とか、余暇とか、そういう全体との付き合い方かもしれません。

天体写真って、どうしても星雲星団のクローズアップ、それもギンギンに画像処理をかけて色の濃いものが雑誌などに目立ちますが・・・・。そういうのを撮っていて、ホントに自分は楽しいのかなと、悩んでいる今日この頃です。

極論言えば、そういう写真は、天文台やハイアマチュアに任せればいいわけです。NASAやESAやJAXAのサイトからは、いっぱい素敵な写真を無償でダウンロード出来ます。

では、「写真を自分で撮る楽しみって、何だろう?」ってことになるわけです。中学とかでも写真部でしたが、その頃も楽しかったなぁ~。(あっ、天体写真は小学生から撮っていました)

深い深い思いがそこにはあるのかなぁ~。自分のやっていることは、何かの役に立つのだろうか?でも所詮趣味ですから、自分さえ楽しければ良いのか? 科学的記録写真は価値がありますが、それだけの「写真」はつまんないですよね。

天体写真って、当たり前ですが「手の届かないところ/行けないところ」にあるモノを写すので、どうしても地上から撮ると天文台でもアマチュアでも似た構図になってしまうのですよね。横から撮れないので(笑)

そしてどうしても、天体が画面の真ん中にある「日の丸写真」になりがちです。

そうすると、差別化がなかなかむつかしいのです。機材の差と労力の差だけが、絵の差になってしまうような。

最近楽しく拝見しているサイトが、ヨドバシの写真コラム「フォトヨドバシ」です。特に以下の記事が好きです。

PY撮影ノート

Vol.01: PHOTO YOKOHAMA 2014 -「写り込み」

Vol.02: 河津桜 -「順光、逆光」

Vol.03: 「ピント」のお話

Vol.04: 街角スナップでおさらい

Vol.05: コンパクトデジタルカメラ

Vol.06: 露出の基本

Vol.07: ホワイトバランスと色の話

Vol.08: リュックにカメラを詰め込んで

Vol.09: 運動会撮影にチャレンジ

Vol.10: 被写体までは何センチ? - 「距離感」

Vol.11: トリミングという“テクニック”

Vol.12: シーンセレクトから学ぶ

Vol.13: 家族旅行でスナップを

Vol.14: 絵画の雰囲気から学ぶ

Vol.15: フイルム撮影の楽しみ

こういう「写真の楽しみ方」をしていると、「絵作りをしている楽しさ」、「機材を上手に使いこなす楽しさ」っていうのが、感じられます。
天体写真も、こんな風に楽しめたらいいなーと思う、今日この頃なのです。
最初の写真は、これに感化されて、愛用しているEOS 6Dと10×50双眼鏡を、コンデジ(IXY 620F)で撮ってみたものです。
ホントは6Dの刻印と10×50の刻印だけに、ピントを合わせたかったのですが、腕がヘタッピでした(笑) 画面の下の方の空間も、少し意味がない感じがしてヘタッピです(笑) モノクロ化は、PCでPhotoshopでやりました。
写真をもっともっと楽しむために、プリンターと両面テープを活用して、もっと家の中に写真を貼ってみようかな♪ 少し遊んだ絵心のある天体写真が撮りたい、そして自分の時間をもっと上手に使ってみたい、そんな今日この頃です。

« 【天体写真】冬の宮ヶ瀬の後の、画像処理(ふたご座の散開星団M35) | トップページ | 【プラネタリウム】世田谷区立教育センタープラネタリウムに再び »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174117/64192309

この記事へのトラックバック一覧です: 【天体写真】写真との付き合い方の模索を悩む今日この頃・・・・:

« 【天体写真】冬の宮ヶ瀬の後の、画像処理(ふたご座の散開星団M35) | トップページ | 【プラネタリウム】世田谷区立教育センタープラネタリウムに再び »