フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 【プラネタリウム】コスモプラネタリウム渋谷でツアイス4型1号機に再会 | トップページ | 【星見】ドイツで見る星空と文化 »

2016年10月 9日 (日)

【天体写真】フリーで公開していただいているPDF版の星図:その2

Seizu02

前回2015年10月に、フリーで公開されているPDF星図について記載しましたが、その続編です。天体写真カテゴリというよりは、星見カテゴリに近いですが。

最近は秋雨が続いて、なかなか星見が出来ずもどかしい日々が続いています。そんな中、平日ですがほんの一瞬、雲間から星々が見えて、自宅ベランダ天文台から双眼鏡で軽く星見をすることが出来ました。

すばると、二重星団しか見ることが出来なかったのですが、それでも15分間のいい気分転換になりました。そんな時に支えてくれるのが、双眼鏡導入支援の星図です。

スマホを6インチのSIMフリー端末に変えたのもあって、スマホでPDFを見るのもある程度可能になってきました。そこで、改めてフリーのPDF星図を探したら、以前のものより良いのが見つかりました。HPはここです。

DEEP-SKY WATCH
http://www.deepskywatch.com/index.html

イスラエルの方のHPですが、とてもよく出来ています。スケッチも充実していて、ホントに星雲星団巡りがお好きな方なんだなと分かります。

この方が作ったPDF星図は、2種類ありますが、どちらも良く出来ています。なんといっても、全星図が1ファイルのPDFにまとまっているのが、野外でタブレットやスマホで見るにはとても便利なのです。星のつなぎ方や凡例も、日本人に馴染みやすい気がします。

PDF星図の良いところは、星座的な広い視野から、星雲星団付近のアップとなる拡大視野まで、シームレスに拡大縮小が出来ることです。これで白黒逆転だと最高なのですが。

本日の記事には、2種類の星図の、二重星団付近を切り取って貼ってみました。15×70双眼鏡で星々をたどりながら、星雲星団を見つけるのは、なかなか楽しいものです。

秋晴れの高い空の向こうに、秋の星座たちを見通せる時期が、もう目の前です☆

Seizu01

« 【プラネタリウム】コスモプラネタリウム渋谷でツアイス4型1号機に再会 | トップページ | 【星見】ドイツで見る星空と文化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1174117/67873277

この記事へのトラックバック一覧です: 【天体写真】フリーで公開していただいているPDF版の星図:その2:

« 【プラネタリウム】コスモプラネタリウム渋谷でツアイス4型1号機に再会 | トップページ | 【星見】ドイツで見る星空と文化 »