フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月27日 (水)

【観望会】月と星々を見る観察会(12月26日)を楽しみました☆

Img_2828s

12月26日の夕方は、地元の公園で観望会を実施しました。とても素晴らしい関東冬晴れで、澄んだ空に月と星々がよく見えました。
機材は簡単に、カメラ三脚2台に、それぞれ自由雲台で8cm屈折と7cm双眼鏡を載せただけです。これですと、自宅から公園まで台車を使わなくても運搬可能です。

Img_2814s

お客様は、いつも来て下さる方々の他に、犬の散歩をされている方も2組おいでになりました。なかなか月を観るチャンスが無かった方には、望遠鏡で見る月はすごかったようです。
お約束で、コリメート撮影もしておきました。なおこの日から、Kiss X3には18-55mm F3.5-5.6 IS STM(毎度中古ですが)が付くようになりました。防振はあてにしていなかったのですが、何気にパワフルです。びっくりです。STMの無音さもまたびっくりですし。

Img_2816ts

とにかく、観望会はいつも楽しくてうれしいです。そういえば、中央区の宇宙教室の観望会も、先日お手伝いしました。あれも楽しかったです!

2017年12月26日 (火)

【観望会】本日実施します!:月と星々を見る観察会(12月26日)

本日は晴天に恵まれましたので、予定通り観望会を実施いたします。
大変寒いので、暖かい服装でお越し下さい。
若干雲が出るかもしれませんが、望遠鏡を使えば月はしっかり見えると思います!

2017年12月19日 (火)

【観望会】予告:月と星々を見る観察会(12月26日)

Photo

これまた大変久しぶりとなりますが、私個人主催の観望会をまた開催します!

上記パンフレットを、私の住んでいるマンションの掲示板に、貼り出させていただきました。

マンションの方々や、近所の方々を中心に集まっていただいているこの観望会、ようやく12回目の取り組みです。

今回のテーマは以下の通りです。

・望遠鏡や双眼鏡で、月のクレーターを見てみよう!

・双眼鏡ですばる(プレアデス星団)を見てみよう!

・肉眼で、カシオペア座を探してみよう!

前回同様、大人の方には、是非お手持ちのカメラに望遠鏡をのぞかせて、パチリとやって、月をお持ち帰りいただきたいと思います(^-^)

2017年12月17日 (日)

【星見】チェコの星空と天文時計

Img_3992s_2

いろいろありまして、チェコ共和国に行っておりました~。忙しくて、帰国してだいぶ経ってしまいました。冬の欧州内陸部なのでなかなか寒かったですが、そんな中でもほんの少しだけ星に近づきました!

上の写真は、Canon IXY620Fにて宿の駐車場で夜空を撮ってみたものです。そもそも霧の中なので星は写らないのですが、思い出としてアップしてみます。

田舎の街を訪問したので、都市間をクルマで運転している時には、霧が晴れるとオリオン座がバッチリ見えました!その時の見え方は、さすがに写真には撮れなかったですが下図のような感じです。(ステラナビゲータ8で作成しました)

50

見た瞬間「あれっ!?」と思いましたが、なんか普通と違う感じがしないでしょうか!?なんとチェコは北緯50度なので、地平線から昇ってきたオリオンが既に「立ってる」のです。ちなみに神奈川県の北緯36度で見るオリオンは下図となります。だいぶ違いますよね!?

36

さて、ほとんど観光なんて出来なかったのですが、首都プラハをほんの少しだけ歩くことが出来ました。ここには「天文時計」というのがあるのです!プラハの旧市街の中央に、大きな時計を見つけました。上の丸いのが時計であり、かつ天体の状態を示す動く文字盤です。下の丸いのは別の暦表だそうです。数分間すら立ち止まることも出来ませんでしたが、中世ヨーロッパを感じることが出来ました。

Img_3901es

Img_3903es

なかなか、いろんな経験をさせてもらえている、今日この頃です!でも冬休みはしっかり天体写真を撮りたいです。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »