フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー「星見」の53件の記事

2017年12月17日 (日)

【星見】チェコの星空と天文時計

Img_3992s_2

いろいろありまして、チェコ共和国に行っておりました~。忙しくて、帰国してだいぶ経ってしまいました。冬の欧州内陸部なのでなかなか寒かったですが、そんな中でもほんの少しだけ星に近づきました!

上の写真は、Canon IXY620Fにて宿の駐車場で夜空を撮ってみたものです。そもそも霧の中なので星は写らないのですが、思い出としてアップしてみます。

田舎の街を訪問したので、都市間をクルマで運転している時には、霧が晴れるとオリオン座がバッチリ見えました!その時の見え方は、さすがに写真には撮れなかったですが下図のような感じです。(ステラナビゲータ8で作成しました)

50

見た瞬間「あれっ!?」と思いましたが、なんか普通と違う感じがしないでしょうか!?なんとチェコは北緯50度なので、地平線から昇ってきたオリオンが既に「立ってる」のです。ちなみに神奈川県の北緯36度で見るオリオンは下図となります。だいぶ違いますよね!?

36

さて、ほとんど観光なんて出来なかったのですが、首都プラハをほんの少しだけ歩くことが出来ました。ここには「天文時計」というのがあるのです!プラハの旧市街の中央に、大きな時計を見つけました。上の丸いのが時計であり、かつ天体の状態を示す動く文字盤です。下の丸いのは別の暦表だそうです。数分間すら立ち止まることも出来ませんでしたが、中世ヨーロッパを感じることが出来ました。

Img_3901es

Img_3903es

なかなか、いろんな経験をさせてもらえている、今日この頃です!でも冬休みはしっかり天体写真を撮りたいです。

2017年5月14日 (日)

【星見】木星スケッチの練習~意外に初挑戦!

Dsc_0182se

久々に「相模原 星を見る会」の定例会に出席出来ました!今夜のお題は「木星スケッチ」です。残念ながら雨天だったので、公民館の室内でのスケッチ練習会となりました。

長年天体観測してきていますが、実は私は木星のスケッチってやったことなかったのです!(星雲星団や、彗星のスケッチはいくつかやりましたが。) だって木星の模様ってそんなに私は見えてこないし、視野内の小さい円盤のような木星像を大きな紙に拡大して描く気になれずで(笑)

でもって、本日は雨。本物の木星は無いので、木星写真をプロジェクター経由でスクリーンに映していただいたたものを、明るい部屋で両目で模写するので、すごく楽すぎなんですよね。最初はあまり気が進まなかったのですが・・・・(笑)

でも、描いてみると結構面白いんですよね~!!!楽しかったです♪ やっぱり彗星の時と同じで、描こうとする作業が良く見ることにつながって、いろんな発見があります!!! そしてなにより、「うまく描けないことに対して、もがくことがまた楽しい」(苦笑)みたいなところもあって。

上の写真は、本日の結果です。流行りのスタッキング画像(2014年のもの)は美しいのですが、それをスケッチしてしまうと、見えているものが全然表現出来ていないのが分かります(苦笑)絵心が無いです・・・・。

あと、中学高校の時はわざわざ「サッピツ」を文房具店で買ってスケッチしていましたが、綿棒で代用になるというのは意外に初耳でした!十分ぼかし効果を得られる実用品です♪

てなわけで、絶賛シーズン中の木星を、現在お休み中のMeade 20cmで見てみようかなという気になった今日この頃でした。

2017年5月 3日 (水)

【星見】国立天文台「水沢」を訪問出来ました☆

Img_5042s

ようやく念願かなって、久々のツーリングが出来ました。選んだ場所は国立天文台「水沢キャンパス」です!
元の緯度観測所だけあって、こんなサインがお出迎えしてくれます!
VERAの「口径20m電波望遠鏡」だけでなく、天文博物館である「奥州宇宙遊学館」、そして緯度観測所の木村榮氏の業績を顕彰する記念館「木村榮記念館」も、どれも素晴らしい施設でした。

Img_5051s

電波望遠鏡は、天文屋的にも、エンジニア的にも、見入ってしまいます!

Img_4995s

遊学館の皆様、いろいろお気遣いいただき大変ありがとうございました!「ほしみるおじさん」の特別上映も嬉しかったです!展示のセンスも含め、どこの天文施設にも負けないすごく高レベルの内容です!!

Img_5064s

木村榮記念館は、職業人としてのすごさを感じてしまいました。いい仕事をしたいですね!

旅をして、元気をもらえました!やっぱりツーリングはいいですね~♪(往復約1400km) 岩手県内では、素敵な星空も見えました。星野写真を撮るまでには至らなかったのですが、もっとゆっくり滞在して星々とも語らいたかったです。まぁクルマが長距離ツーリング仕様になっているので、また行きます!

Img_5072s

2017年2月19日 (日)

【星見】富士山・田貫湖で皆さんと見上げる星空

Img_3942s

ステラ・マリーノさんのイベント「満天の星を見に行こう!」に参加してきました!

富士山のほとりの田貫湖は、天体に限らず有名な撮影スポットです。念願叶って、今回初めて訪れることになりました。そして快晴の夜空の下、多くの方々と一緒に星見をすることが出来、とても楽しい時間を過ごせました!皆様に感謝です♪

Img_3956s

Img_3970es

Dsc_0125s

2017年2月12日 (日)

【星見】月光浴と冬の星々~新しい信頼性と共に

Img_3892esd

公私共に大変忙しい日々ですが、周囲の方々と夜空の星々に守られながら頑張れております。

ちょっと気持ちが疲れたときは、やはりほんの数時間でも小旅行がいいですね。露天風呂の湯煙の向こうに、神々しい月の光と、煌びやかな冬のダイヤモンド(一等星たち)を拝めるのは、安いけどとても贅沢なひとときです。真冬なのにポカポカ星見☆ 文字通り服も通さず、月の光を全身で浴びれました(笑)

クルマの色が変わったって?(闇夜のカラス色) いえいえ、6気筒なのも、後輪駆動なのも、丸型独立4灯のテールランプなのも変わりません!2.5L-I6が3.5L-V6になったり、18インチホイールが19インチホイールになったりは誤差範囲ですね。高性能による余裕も大事ですが、信頼性こそが本当に大事だとつくづく思う、今日この頃です。能力を継続して発揮出来ることがやっぱり重要なのです。

この月光はいつまでも眺めていたかったほどです。改めて月にお祈りしました♪

2017年1月22日 (日)

【星見】星仲間との宮ヶ瀬ツアーと、ベランダ天文台からの南極老人星

Img_3426s

昨日は星仲間の皆様と、宮ヶ瀬エリアで星見をしてきました☆

1時間ドライブして現地到着し、1時間だけ星を眺めて、1時間で帰ってくるという、(私はいつもなのですが)強行スケジュールに皆さん賛同いただき、おしゃべりをしながら楽しく星見をすることが出来ました。ありがとうございました!

かなり雲が多かったのですが、雲間に冬の星座たちを見ることが出来ました♪

上の写真は、おうし座のすばる、オリオン座、おおいぬ座のシリウスが見えています!電線越しのオリオンも絵になるでしょうか!?
撮影風景はこんな感じです。

Img_3483es

そして今夜もまたいい天気!ベランダ天文台からは、また冬の夜空が美しく見えています!こんなとき気になるのが南の空の低いところに輝く、冬の一等星「カノープス」です。

南中高度が低いので、中国では「見ることが出来ると長生きする」ということで、「南極老人星」と呼ばれているおめでたい星です。それが我が家から眺めることが出来るのですから、ベランダ天文台には改めて感謝です!

00jpgs

カノープスを拡大すると、下の画像のようになります。これらの写真は全て、Canon EOS 6D+タムロン17mmによるものです。なかなかお気に入りの組み合わせです♪

今年は毎週のように星見をちゃんとやって、ある程度まとまった結果を出せるように、精進したいと思います!カノープスに願いをかけました☆

00jpgt

2016年12月29日 (木)

【星見】富士山2合目(西臼塚)での32cmドブソニアンなど

Img_3160e5s

昨夜はスタッドレスタイヤを履いて、早速富士山へ星見に行ってきました。現地では「きてさん」もご一緒させていただきました。

快晴の夜空で、満天の星を眺めることが出来ました。路面は完全にアイスバーンで、外気温はマイナス3℃でしたけれども。

上の写真は、EOS 6D+50mm F1.8レンズ+Higlasiでの、オリオン座のちょっとした撮影です。1コマのみでノートリミングですが、若干彩度の補正をかけすぎて赤くなりすぎました。

(なお、画像処理で、ソフトフィルターをかけたように恒星をにじませたかったのですが、Photoshop Elements 12では、なかなか難しかったです。フィルター→ぼかし→ガウスで加工した写真と、元画像とを比較明で合成したのですが、あまりにじまずでした。)

それよりも、きてさんが32cmドブソニアンを持ってきて下さったので、惑星状星雲や散光星雲、小宇宙など、いろいろ見せていただきました。

Img_3183s

「まるで天体写真のように、目でそれが見える」って、やはりすごいことでした。こんなに星雲がくっきり見えたのは初めてかもしれません。懐かしい図書「見ておもしろい 星雲・星団案内」(大野裕明著、誠文堂新光社)の世界を思い出しました。感動でした!

夜食を食べながら、ゆっくりお話も出来て、とても良い時間でした!

Img_3174es

2016年11月28日 (月)

【星見】ドイツで見る星空と文化

Img_1974800x600

いろいろありまして、ドイツ滞在中です!
とてもコンパクトなCanon IXY620Fしか持ってきていませんが、あまりにきれいな夜空だったのでパチリです。写っているのが分かるでしょうか?
ぎょしゃ座やペルセウス座、そしてすばるがよく見えていました!
そして北極星の高度が高いこと高いこと♪ やはり北国に来た感じがします。

あとは、ミュンヘンのドイツ博物館にも行ってみました。
ここは素晴らしいですね、工業の技術の塊です!
日本の博物館は如何に理科を教えるかなのですが、ドイツの博物館は工業製品の技術に直結したような展示に見えます。見習いたいです。

Img_1841800x600

Img_1894800x600

そして、ドイツでもまたいい月を眺めることが出来ました(大変忙しいのでほんのひとときですが)。
世界のどこに飛んでも、変わりなく見守ってくれる天体たちと楽しく会話出来るのは、天文オタクの特権でしょうか?(笑)

Img_1674800x600

2016年9月 1日 (木)

【星見】相模原の夜空:秋の星座の発見☆

Akinoyozora

今夜は、相模原の市街地としてはとても澄んだ夜空なので、星々がよく見えます!(画像はステラナビゲータ ver.8で作成しました)

少しだけBlogを書いてみました。

先日、流星観測でのんびり田舎の暗い夜空を肉眼で眺めたのもあり、こうして市街地であっても星空を眺めるのも良い時間です。

くじら座が大きくて、両端の恒星のメンカルとデネブカイトスは明るい!おひつじ座は意外に目立つ!みずがめ座は一等星のフォーマルハウト以外も結構星がある!アンドロメダは天高い!さんかく座とおひつじ座の斜辺は、平行にみえる!うお座の星は見えないけれど、一つだけおひつじ座の星の延長上に見えた!

などなど、星座巡りも個人的な発見があって、実は楽しいものです。

そして最近、星に関する本を紹介していただき、実際に読み始めてみています。

・「夜空の下で」(益田ミリ)
・「星をさがす」(石井ゆかり)

今まで読む本は、どうしても「天文の本」とか「撮影&観測技術の本」が中心だったので、この上記2冊のような「星々とどう付き合っていくか」みたいな本は、久しぶりです。

小学生時代に読んだ、藤井旭さんの星座解説の本に近いイメージです。もっと一般の方向けですけどね。

少しだけでも知識があると、星空を眺めるのがとても楽しくなります。愛ですね(笑)

8月は頑張ってあっという間でしたが、9月からもまた頑張ろうっと♪

2016年1月 7日 (木)

【星見】May God bless you.~月と金星と土星の早朝接近~

Img_9052s

Sky&Telescope誌のWebサイトで見た通り、とても素晴らしい朝の光景を見ることが出来ました。月と、金星と、土星が、美しい夜明け前の空に、並んで輝いている様子は、まさに神々しいです。いいことありそうです!

なお、Sky&Telescope誌のサイトの絵は、北米時間で観察したときのものでしょうから、私が撮った写真とは若干位置がずれているのが面白いですね。

http://www.skyandtelescope.com/observing/sky-at-a-glance/this-weeks-sky-at-a-glance-january-1-9/

Img_9062s

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー