フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

カテゴリー「プラネタリウム」の16件の記事

2017年6月24日 (土)

【プラネタリウム】コスモプラネタリウム渋谷を再び訪問

Img_0748s

時間が経ってしまいましたが、先日は相模原星を観る会の皆様とともに、渋谷のプラネタリウム「コスモプラネタリウム渋谷」を見学してきました!

かつてあった五島プラネタリウムの、ツアイス製投影機にもまた会えましたし、やはりみんなで行くプラネタリウムは楽しいです。

Img_0761s

2つの番組を見てきましたが、やはりこのプラネタリウムはハードというよりソフト、つまり解説員さんが素晴らしく、基礎は抑えながらも新しいプラネタリムエンターテイメントに向かっている気がします。そういうの、大事ですよね。

Img_0781s

2017年4月29日 (土)

【プラネタリウム】ドイツでツアイスに会えました&ドイツの天文雑誌(続)

Img_9728s

いろいろありまして、またドイツ滞在しておりました。

前回はプラネタリウムに行ったものの、憧れのツアイス製プラネタリウムで投影される星空を見ることが出来なかったので、リベンジでまた行ってみました☆

が…なんと行ったそのときの番組は、全天周映画でして、星空は見れなかったのです(涙) ツアイスのプラネタリウムは、置いてあるだけでした。残念。

Img_9737s

Img_9741s

でも日本とは違う視点で描いた、宇宙開発の全天周映画を見ることが出来て、それはそれで興味深かったです。ドイツ語解説なので、映像を見ているだけですが、なんとなくわかります!

Img_9756s

そしてまた、ドイツの天文雑誌を買ってみました。今度は別の種類の雑誌も!やっぱり日本の天文雑誌と似ている感じがします。その少しの違いを、ゆっくり楽しんでみます☆

Img_9763s

Img_9764s

2016年12月 5日 (月)

【プラネタリウム】ドイツでツアイスに会えましたが…&ドイツの天文雑誌

Img_2068800x600

ドイツ滞在中でも、プラネタリウムが大好きなので観に行きました!ニュルンベルクのコペルニクスプラネタリウムというところです。URLはこちら。
http://www.planetarium-nuernberg.de

中はこんな感じで、そんなに展示物は多くないですが、カフェもあって幸せな気分になれます♪
Img_2070800x600


Img_2093800x600

ここはドイツ、プラネタリウムは本場のツアイス製が入っています!渋谷の五島プラネタリウムでよく会っていた、あれです♪展示の中に、プラネタリウムのカットモデルもありました。こういう展示はさすが素晴らしいです☆


Img_2080800x600

そしていよいよ鑑賞タイム♪ドームはほどよい大きさで、生解説です。座席は背中が倒れないのですが、特に首が痛くなるわけではありません。良い作りかも。
そして憧れのツアイス製プラネタリウムに会うことが出来ました!!!


Img_2108800x600


Img_2115600x800

投影前は、スライド(いわゆる本物のポジフィルムスライド?)がカシャカシャと音尾をたてながら、スライドショーしてくれます。なかなか昭和な?、レトロな感じがいっぱいです(笑)

そしていざ投影が始まると、最初は全天周映像で素晴らしいクオリティの映像が広がったのですが…
なんと、30秒ほどで映像が止まってしまい、なにやらエラー表示が出ています… なんとシステムがハングアップしてしまったそうです。
その後、30分程度、またカシャカシャと投影前のスライドショーが繰り返され、館の方は一生懸命修復作業をされていたのですが…
結局ギブアップで、本日の投影は中止となってしまいました!?!?返金されて、あれま残念というところです。
ツアイスの星を見れなかったのは残念ですが、まぁまた来るチャンスが出来たということで、次回に期待したいと思います。日本だと投影中止なんて経験無いので、これはまた貴重かも???

帰り道はまた素敵な晴天なので、月と金星と火星がよく見えました♪


Img_2138800x600

このあと駅のパン屋さんで、クリスマスシーズンのシュトーレンを買うことも出来たので、まずまずの収穫です。

ところで、ドイツにも天文雑誌はあるのですね。代表的なのが以下だそうです。URLはこちら。
http://www.sterne-und-weltraum.de

内容は、火星の特集があったり、望遠鏡製作記事があったり、望遠鏡の広告があったり、なかなか天文ガイドに近いような印象があります♪
ドイツ語は読めませんが、天文記事ならなんとなく分かるかも(笑)


Img_2144600x800


2016年10月 2日 (日)

【プラネタリウム】コスモプラネタリウム渋谷でツアイス4型1号機に再会

Img_2309s

本日は念願叶って、ようやく渋谷の「コスモプラネタリウム渋谷」に行くことが出来ました。

渋谷のプラネタリウムと言えば、もちろん東急文化会館の8階にあった「天文博物館五島プラネタリウム」だったわけですが、その閉館を涙なみだに見届けたあの2001年3月11日(最終投影)から15年後になって、私はようやく渋谷でまたプラネタリウムを観ることが出来ました。

(五島プラネタリウムは、小学校の頃から毎月通った、大変思い出深い、私の原点な場所なのです。大人になってからの最終投影の日は、ホントに涙でした。)

このコスモプラネタリウム渋谷は、もう出来上がってからだいぶ経つのですが、なかなか行くチャンスを作れず、ようやくです。

ホールに入ってすぐ、オリオン座の日本名「つづみ星」を示すのに本物のつづみを設置しているのが、五島プラネタリウム時代と同じ!と感動しました。

Img_2312s

Img_2314s

チケットを2回分購入して、時間まではまずは「旧:五島プラネタリウム」での投影機本体の実物展示を観に行きました。そうです、再会です。素敵な言葉が作れないので、以下にまずは写真を掲載します。

Img_2316s

Img_2320s

Img_2323s

Img_2326s

Img_2351s

ちゃんと「Carl Zeiss」ってレンズに刻印されています!こんなに近くでレンズを観れるのはうれしいですね。当時は見れなかったですからね。

Img_2360s

そして本題です、現在のプラネタリムは、コニカミノルタ製で、とてもシャープな星々を写し出します。すごいです。双眼鏡持参するのを忘れました(笑)

そして解説陣が、私の見た2つの回が、なんと村松さんと永田さん!とても有名なお二人です。これは贅沢ですね。

星空の生解説はもちろん素晴らしかったです。番組もとても力が入っていて立派でしたが、ホントは生解説を50分間聞き続けたかったと思います!

時の経つのを忘れて、解説に聞き入ってしまいました。外に出るととっぷり日は暮れて、本物の星々が渋谷の明るい夜空に見えていました。やっぱりもっとお出かけして、プラネタリウム巡りをしたいと思い直した、今日でした。

Img_2369s

さて、家に帰ってから、改めて2001年の写真を観てみました。(この時、ようやくデジカメ時代の到来でした。)いやはや、懐かしいです・・・・。以下3枚は当時の写真です。

Dcp_0385

Dcp_0405

Dcp_0411

新しい時代をまた作っていきましょう!

2016年3月28日 (月)

【プラネタリウム】世田谷区立教育センタープラネタリウムに再び

Img_1665s

久々に世田谷区のプラネタリウムに行ってきました。

もちろん単に見てくるだけではなく、AmemaさんとのOFF会がメインです!

http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1265/d00007490.html

まずプラネタリウムですが、昼間の一般投影「日本丸で見た星」と、夜の特別投影「大人のための星空散歩:星空世界旅行」の、ダブルヘッダーで見てくることが出来ました。

どちらの番組も、とても良かった~。「日本丸」では星座になっている六分儀の使い方をはじめ、航海と天文の関係が良くわかりました。熱い思い入れが伝わってきました。

「星空世界旅行」は満員のお客様で、主に南天の星空のことがとても良く理解出来ました。ホントに南半球に出かけたくなる、素敵な内容でした。南十字座も、マゼラン星雲も、是非見てみたいです。

このプラネタリウムは、ハードウェア(星や映像の鮮明さ)はもちろん、相変わらずソフトウェア(手作り番組の秀逸さ)がとても良く、感動モノです。

作り手の熱意が感じられます。いい職場なんでしょうね。

ちなみに選曲もまた最高です!

こういうプラネタリウムを観ると、やはりもっともっと(例えば月1回とか)通いたくなります。本物の星空を眺めるのは大好きですが、暖かくリラックスして星見が出来るのは、これはこれでとても素敵な時間の使い方です。

Img_1668s

そしてAmemaさんとのOFF会は、これも前回同様、とても楽しい内容でした。

ポータブル赤道儀「Higlasi」、観望での望遠鏡の選び方、ThinkPad X220の活用方法、ハイレゾデジタルオーディオなど、いろんなお話をさせていただきました。

いつも聞いてばかりで恐縮ですが、ホントにあっという間で、とても楽しい時間でした。

しかしそれにしても、このHiglasi、良く出来ています。質感とか良くて手にするだけで嬉しさが出てくるのですが、それに加えて「ソフトウェア」が良く出来ていると思います。単に恒星時駆動するだけなら、どんなポタ赤でも出来ているんでしょうけれど、それ以上のコンセプトがここにありますね。

http://ndl2000.sakura.ne.jp/higlasi/

こういうのを作れる大人に、なりたいなぁとつくづく思う、今日この頃です。

ちなみに帰り道は、生まれて初めて東急 世田谷線に乗ることが出来ました。ちいさな、でもいい感じの電車でした!

Img_1677s

2016年2月14日 (日)

【プラネタリウム】久々の相模原市立博物館のプラネと、その他双眼鏡など考察

Img_0173s

暖かく星が見たくて(笑)、久々に相模原市立博物館のプラネタリウムを見学しました。

そもそも、どこだったかで、このプラネのチラシをいただいたのがきっかけで、「ALMAやTMTといった超巨大望遠鏡」のお話だったので、楽しみに見てきました!

双眼鏡(口径5cm、10倍)を持参して、プラネ内で拡大しての、冬の星々を楽しむこともやってきました(笑)

Img_0174s


ところで最近、「コンパクトで高性能な望遠鏡」がいいなと、つくづく思います。

あまり大口径の望遠鏡を用意しても、それを生かす十二分に暗い空まで出かけるのならば良いのですが、実際には郊外で見る程度なのですから、口径は10cm以下で良いのではと思うのです。パワーよりは、質です。そしてコンパクトであって手軽に持ち出せることの方が大事だと思うのです。

どうせ月や土星、木星程度しかちゃんと見れないのならば(星雲は見えませんから)、倍率も中倍率程度で十分です。

それで最近良いかなと思うのは、カサイの6cmのマクストフカセグレンです。
こちらです・・・・
http://www.kasai-trading.jp/pico8.html

でも実機を見たわけではないので、見え味がどれほどかは分かりません。

コンパクトさを追求するのであれば、ズーム双眼鏡という手もあります。30倍程度まで上げられる製品もあります。
でもこれは、実際に製品を先日手に取って見てみると、かなりズーム品はお粗末なことが分かりました。(1~2万円程度のものだからですが。)
見かけ視界がとても狭く、見える像もかなり歪んでひどいものでした。やはり光学機器は、是非自分の目で確かめてから選びたいですね。

逆に、3万円くらいするズーム無しの双眼鏡は、これは立派な気持ちの良い像が見えました。なお、私の持っているV社の10×50双眼鏡は、この像にはとても及びませんが、でもそれなりに良い製品だってことが、改めて分かりました。

歳をとったからか、「量より質」って感じです。おまけに軽いことが大事(笑)

おまけですが、先日Lenovo ThinkPad X220を、(相変わらずですが)中古で手に入れました。超格安です(笑)

ずいぶん前に、同じくLenovo ThinkPad X61を中古でGetして愛用していましたが、正月休みにいろいろ考えるところがあって、世代交代の運びとなりました。
格安でしたが、ThinkPadはいつも高品質で、手にしっくりきて、「質が高い」と感じます。これからいろいろ活用してもらいたいです。いい「相棒」になりそうです。
ちなみに私のThinkPad歴は結構長く、昔はIBM ThinkPad 220(乾電池駆動が出来た!)や、IBM ThinkPad 365Xも活用していまして、思い出深い愛機でした!

Img_0172s

2015年7月11日 (土)

【プラネタリウム】さらに再び、「川崎宙と緑の科学館」へ相模原星を観る会の皆さんと

Img_0589s

ということで、予告通り6月に続いて「川崎宙と緑の科学館」をまた堪能してきました。
ちょうど梅雨の中休みで、とても暑い行楽日和でした。

今日は「7月の一般投影:織姫星と天の北極」というお話を、会のメンバーで楽しんできました。
「金星と木星の接近のお話」や、「おおぐま座とこぐま座のお話」、「七夕の星を含めた夏の大三角のお話」など、とても楽しく聞かせていただきました。
そして後半はそれらを総合して、地球の歳差運動に伴う「1万4千年後の星空:織姫星が北極星になるお話」を聞かせていただきました。とても興味深い内容を、大変分かりやすく教えていただきました。

歳差運動って、約25,800年で一周するわけですが、ぐるっと回っても同じ星空の位置に天の北極が戻ってくるわけでは無いんですね!その間、太陽系が銀河系内を移動するから、一周のあとの位置が少しずれると。勉強になりました!

Img_0592s


その後は、屋上のアストロテラスにて、昼間ですが望遠鏡体験をさせていただきました。金星が青空の中に半月状に輝いている姿、太陽がHαフィルターを通してまさに燃え盛る球体である姿、を見せていただきました。昼間にこれだけ生の天体を楽しめるのは、すごいですね。

Img_0605s

Img_0618se

星カフェでいつも通り、みんなで楽しい談笑の時間も持てました。

科学館の皆様には、いろいろとご丁寧に教えていただき、本当にありがとうございました。是非また訪問したい素敵な科学館です。

そしてプラネタリウムの空と同じように、今日は久々にリアルな夜空で「金星と木星の接近」を見ることが出来ました。(昨日も見れたんですけれどね。ちゃんと写真に撮れたのは今日でした。)

Img_0625s

Img_0628se

2015年6月28日 (日)

【プラネタリウム】再び、「川崎宙と緑の科学館」はハードもソフトも最高☆

Img_0571s

今日は久々に、川崎宙と緑の科学館に行ってきました!

「相模原星を観る会」の7月行事で訪問することになっており、下見に行ってきたわけです。
でも私が駆けつけたら、既に星を観る会の有志の方が何名様もいらっしゃいました。遅れてすみません・・・・。

ここのプラネタリウムは、かなり以前はちょっとなぁ・・・・と思ったところもあったのですが、リニューアルしてからはすごくハイレベルなので、毎回行くのが楽しみです。

今日は6月の一般投影「冥王星と準惑星」というプログラムと、特別投影の「フュージョン投影」の2本を見てきました!

Img_0574s

主役はやはりこの人、MEGASTAR-III FUSIONですね。とてもリアルな緻密な星空をドームに再現出来る、とても素晴らしいプラネタリウムです。

でも今日の一般投影は、星空もすごかったけれど、解説の方がまたすごかった!
もともとこのプラネは、立地上小さなお子さんが多いのですが、そのプレゼンのすごさ、子どもたちのココロを引き寄せる話術がまたすごかったです!

あんまりネタバレになるといけないのですが、「ここには、”こ”で始まって、”と”で終わる、楽器の星座があります・・・・」なんて、なかなか楽し過ぎて言えないですよね。
テクニカルにも、いまちょうど見ごろの金星と木星の接近の様子をプラネ機能で再現してくださったり、さりげなくミザールとアルコルやこと座のダブルダブルスターを双眼鏡で紹介してくださったり、とにかく魅せ方がすごいです。

こんな風に解説出来るようになれたらいいなーって、ホント思います。

Img_0576s

こちらの写真は、いつも貸し出ししてくださる、双眼鏡です。
これでMEGASTARの天の川の中をのぞき込むと、最高です!
そうそう、番組の冥王星の話ももちろん楽しかったです。ニューホライズンズが冥王星に到着するのは、7月14日の予定です!

2つ目の番組は、FUSIONの機能を最前面に押し出した、特別番組でした。これは初めての体験でした。上坂浩光氏のCG作品と、光学機械のプラネMEGASTARの星像が、きれいに継ぎ目なくラップもなく、見事に調和している姿はかなりの感動モノでした!

Img_0581s

今回は時間が無くて試せませんでしたが、「流星ソーダ」を飲んでみたいです・・・・。

やっぱり「プロの技」に触れると、感動しますね。最近忙しいけれど、いい機会でした。

追伸 : 解説のお姉さんに感謝の気持ちをお話したら、軽く受け流されてしまいました(笑)それすら慣れてる感じ(笑) おまけに私の着てるポロシャツを見て「モータースポーツお好きなんですか!?」なんて臨機応変な切り替えし! 小さくnismoって入ってるだけなのに、分かる人は分かるのですね~!解説中からずっと、やられてしまいました。(笑)

2015年6月10日 (水)

【プラネタリウム】初の星空サイエンスカフェ、参加してきました☆

Img_0536ss

最近よく「サイエンスカフェ」という言葉を聞くようになりました。
Wikipediaによると「カフェのような雰囲気の中で科学を語り合う場、もしくはその場を提供する団体の名前」とのことです。いいですよねー。

行きたくて、でもなかなか行けなくてで、そんな中でしたが、大学時代からの先輩が主催というのを聞きつけて、是非と思って行ってきました!
タイトルは「星座の成り立ちと星占い」でした。

4時間くらいでしたが、楽しく詳しいお話あり、ギリシャ神話の朗読あり、ピアノと歌もあり、観望会もあり、ホームプラネタリウム上映もあり、そして出席者との語らいありで、あっという間に過ぎてしまいました。

学ばしていただいたのは、「幅広いジャンルの方が、星の知識を欲しがっている」ってことでしょうか。
そのためにも、理系だけでなく文系の方にも「すっと入ってもらえる天文の面白さの側面」の紹介が必要ってことだと思います。

いつかこんな感じで、僕もサイエンスカフェを開催出来る日が来るでしょうか!?
思いっきり理系なアタマなので、うまくやりたいなぁ・・・・(^^;

(写真は、観望会の様子です。金星と木星が見えた、いい夜でした。)

2015年5月10日 (日)

【プラネタリウム】「Eternal Return いのちを継ぐもの」のDVDを観ました☆

Img_0007s_2

昨夜は「相模原 星を観る会」の皆さんと、定例会をしました。

系外惑星への命名のお話、4月4日の皆既月食のお話も良かったのですが、その後DVD上映していただいた標記作品が、なかなか心に残りました。

プラネタリウムの全天周映画として上映されていたのですね、是非ドームで見たかったくらい、いい作品でした。
命の輪廻は、最近の私の考え事でもあります。

さすが上坂浩光監督、このページの言葉が、ホント全てだと思います。
http://www.live-net.co.jp/er/intro.html

星をちょっと知っていると、こんな気持ちを身近に感じられるのは、とてもいいことだと思います。
また仕事帰りの夜空の見上げ方が、少し楽しくなります☆

その他のカテゴリー